FC2ブログ
  • プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2019/02/07(Thu)

意識と知識は、相互依存関係にある-2

意識が先か、知識が先かとなると、鶏と卵の関係のようだが、
ここはやっぱり、意識が先である。
というのは、意識不明状態になれば、知識なんて働きようがないのだから。
しかしこれは、身体的・組織的revelの話である。
ところが、その「働き方」となると、話はガラリと変わるのだ?

例えば、自動車にことのほか興味を持っているヒトの場合である。
車種や性能などのspecを事細かに知っている、つまり知識の豊富なオトコたちは、
アクセルを踏み込んだ時のトルクのかかり具合、
カーブを切る時の遠心力のかかり方なんかを、意識的に体感して(悦に入って)いる。
ところが、知識のないヒトの場合は、カーブで咄嗟に急ブレーキをかけて、
トンデモナイ事故を起こしてしまう。

2659028559_1f508662ac_z.jpg
Photo by Martin Pettitt

つまり、前もって知識があれば、情報を認識した意識は、記憶知識と照合して、
適切な行動をとる、ということだ。とまあ、ややっこしい話だが、
ヒトでもサルでもライオンでも、意識と知識は相互依存しながら、
ウマクやっているのである。

上記は、いわば“運動神経系”の話である。そして次は、
脳内のお勉強系の話だ。こちらは、運動神経系との連動ではなく、
おおむね脳内の、情報処理関連システムである。
この部署は、「意識と知識」の大舞台、いわば戦場である。
まず、知覚領野から情報が入ってくると、ライン仕事のゾンビたちがワイワイ騒ぎだす。
彼らは単純作業者だから、ホイホイと処理済み仕事をジンボに上げる。
ジンボは、いわばcheck man。ラインの監督で、OKなら次へ上げる。
ここから先は、オイソレとは進まない。さまざまな記憶情報との照合や処理……、そう、
「前もって知識があれば、情報を認識した意識は、記憶知識と照合して、
適切な行動をとる」のである。Oh! ここは、さしずめ地獄or天国の分かれ道だ。
ということで、オベンキョーをしておくのがGood! ということになるのでは?
さあ、シコシコと極上情報を求めて、入力に励もう! つまり、
瞑想・瞑想と座り込こんでいても、成果は高が知れているのです!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top