• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/06/10(Thu)

島・しま・縞

itn Open!”No.3で紹介する、
しまなみ海道、フィンランド の首都ヘルシンキ、
広島市安佐動物公園のシマウマ、の共通点。


それは「しま」。
々をつなぐしまなみ海道、315のを含むヘルシンキ、模様のシマウマ…。

グラントシマウマ


縞模様の「縞」は「島」のこと。
16世紀中ごろから、南蛮貿易を通じて東南アジアやインドから輸入された
縞模様の木綿の布地を「島もの」と呼び、それがいつしか縞に転化したのだとか。

たとえばどんな縞(島)模様があったかというと、
産地や積み出し港の名前をとって
セイラス島、ベンガラ島、サントメ島、チャウル島、ジャガタラ島、チャンパ島 ……
といった具合。(ベンガラについてはこちら

やがてこれらの縞模様の布が、木綿栽培の普及とも相まって国産化され、
川越唐桟(かわごえとうざん)などが誕生しました。
ちなみに「唐桟」の「桟」は桟留(サントメ)縞の桟、
「唐」はオランダ (6月19日にワールドカップ で対戦!)など
外国からの輸入品だったことを表します。

そして国産も始まった江戸時代後期には縞、特に縦縞が大流行。
itn Open! No.1”で掲載している東京国立博物館のホームページでは、
「三世大谷鬼次の奴江戸兵衛(さんせいおおたにおにじのやっこえどべえ)」など、
その実例も見られます。


そして“itn Open!”は……
新たな発想による国際観光のあり方を探求しま
(開設趣意より)


itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン



スポンサーサイト
Home | Category : 観光情報 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。