• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/05/27(Thu)

万国博覧会3 “itn Open!”

万国博覧会の開催以前から、
イギリス フランス をはじめとする各国が
国威発揚や殖産興業のためにさまざまな博覧会を開催し、競い合っていました。

さらに第1回万国博覧会の成功に触発され、
各地でさまざまな名目(革命記念、スエズ運河開通記念など)の博覧会が乱立。
各博覧会間の利害関係も絡んで収集がつかなくなり、
1928年には国際博覧会条約が制定されることになりました

条約制定前の、例えば1924年に開催された大英帝国博覧会は、
「そこにあるのは、剥製(はくせい)の羊、乾いたプラム、
フィジー製の安楽椅子、ワニスを取るマレー半島のダマルの樹脂や、
錫(すず)の鉱石の山、羊のもも肉の輪、大きな鳥の目に似た乾燥コプラ、
缶詰のピラミッド、ゴム製のシェード、南アフリカの工場生産の古期イギリスの家具、
シリアの干しぶどう、砂糖きび、羽も生えそろわぬひなどりとチーズ。
それに、ニュージーランドのブラシ、香港からの菓子、マレー産の何かのオイル、
オーストラリアの香水、錫鉱山の模型、ジャマイカ製の蓄音機、
そしてカナダからのバターの山脈。
 おわかりのように、これは世界一周の旅か、むしろあまりにも巨大な市場めぐりである。
これほど大きな見本市に行ったのは、初めてだった。」

(『イギリスだより』カレル・チャペック、飯島周・編訳/ちくま文庫)

国内博覧会でありながら、さながら万国博覧会。
広大な植民地を抱えていた当時の、イギリスのようすがうかがわれます。

しかしカレル・チャペックは、多様な展示品 を眺めながら思いをめぐらせます。

「大英帝国博覧会は、巨大で過密である。ここには何でもある。
剥製にされたライオンも、絶滅したオーストラリア産の鳥エミューも。
ここに欠けているのは、ただ、四億の人間(※1)の魂である。
これはイギリスの産業の博覧会で、
ヨーロッパの人びとの関心の層を薄切りにしたプレパラートである。
その関心は、底には何があるかを深く気にもせず、全世界を徘徊してきたのだ。
 ウェンブリー(※2)の博覧会は、四億の民がヨーロッパのために何をしているかを、
また部分的には、ヨーロッパがその人たちのために何をしているかを示す。
しかし、その人たちが自分自身のために何をしているのかは、
ここには示されていない。」
(前掲書)

「その人たちが自分自身のために何をしているのか」…を知る、
「その人たちが自分自身のために何をしているのか」を発信する、
まさに“itn Open!”のコンセプト!

itn Open!”No.3では、これまで以上に多くの人の声を発信する予定です


※1 四億の人間:大英帝国内の有色人種の人々
※2 ウェンブリー:大英帝国博覧会の開催地。ロンドン郊外



itn Open」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン




スポンサーサイト
Home | Category : 観光情報 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。