• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2010/05/21(Fri)

万国博覧会1 楡の木

最初の万国博覧会は、
1851年にロンドン のハイドパークで開催された第1回万国博覧会とされています。
この時建造された有名なパビリオンが、クリスタルパレス。
鉄とガラスで建造された建物で、開会式もここで行われました。

内部には産業機械などが展示されましたが、
ニョキニョキと楡(にれ)の巨木も3本立っていました

これは建設予定地に立っていた木で、
レンガの建物を建てるという
当初の計画では伐採する予定だったもの。

しかし「憩いの場がなくなってしまう」と伐採反対の市民運動がおこり、
ロンドン市長が伐採を許可しなかったため、計画は変更に。
木を内部に取り込むクリスタルパレスの設計案が採用されたのでした。

クリスタルパレスを設計したジョセフ・パクストンは、農家出身の造園家。
屋根の構造は、ハス の葉脈からヒントを得たものだそうです。

現在開催中の上海万国博覧会 では、環境関連の技術が競い合われていますが、
ECO のさきがけはこんなところにも。
「自然の叡智」をテーマにした愛知万国博覧会 に伴う開発が、
周辺の地形が変わるほどのものであったことも考え合わせると、
示唆に富むエピソードに思えてきます。


…次回は江戸時代の日本と万国博覧会の出会いについて。
To be continued



itn Open」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン




スポンサーサイト
Home | Category : 観光情報 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top