• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2010/04/27(Tue)

路面電車-広島・京都・東京-4

……先週の続きです。

「もともと私の家は、徳川時代からずっと西陣にいた。
そして、古風な京の町が、急速に変容してゆくのを、
何代かの人間の目をとおして見まもってきた。
この都市の歴史は、わたしの家の歴史とまぜおりになって、
わたしの家に口つたえにつたわっている。
日本最初の電車のことも、
わたしにとってはまず伝統的な都市生活者としてのわが家の、
歴史の一コマとして心にきざみこまれている。」

と、5代66年にわたる北野線とのかかわりを、梅棹忠夫は語ります。

例えば、2代目のおばあさんは、
「日本でもっとも古く、都市の交通地獄を実感したひとのひとりである。
「電車に気ィおつけ」というのが、わが家の歴代の母の口ぐせであった」。

「三代目の父は、これにのって深草の連隊に入隊し、
母はこれにのって里帰りをした。」

「四代目のわたしは、敗戦後に大陸からひきあげてきたが、
北野線は、むかしどおりにはしっていた。」

「しかし、もうはやすべてはおわった。
五代目の子どもたちには、すでになんの感傷もない。」


そして1978年に京都市電 は全線廃止となります。
路面に使用されていた敷石は、二年坂や産寧坂(さんねいざか)、
哲学の道などの石畳に転用されました。

その京都市電の車両が現役で走っている町があります!
しかも「あらし山」「かも川」「舞妓」などの愛称つきで!




……広島市!
さまざまな車両が走っていることから、「路面電車の博物館」とも呼ばれる都市です。

……次回は広島の話じゃけぇ



itn Open」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン



スポンサーサイト
Home | Category : 観光情報 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top