• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2010/03/11(Thu)

都市と自転車1-バルセロナ

スペイン 第2の都市・バルセロナ。

リーガ・エスパニョーラのバルサや
世界遺産に指定されているガウディの建築群などで知られる街です。

PICT1829.jpg


そのもうひとつの顔が自転車の街
「CIVITAS(City Vitality Sustainability)※1」の自転車推進プログラムに参加し、
積極的な自転車利用に取り組んでいます。

例えば「ゾーン30」と呼ばれる速度制限地域。
ゾーン30に指定されると、その地域内は自動車もバイクも速度制限時速30㎞。
モデルケースに指定された地区では、交通事故が8カ月30%近く減少。
さらに歩行者と自転車利用者が200%増加し、
店舗に立ち寄る人も増えたというデータがあるそうです。

公共のレンタサイクル「bicing」も導入されていて、
市内には約400カ所のステーションが設置されています。
年間パスの登録カードをかざせばロックが外れて自転車が持ち出せ、
利用後は好きなステーションに返却すればよい、という仕組み。
登録者は2008年10月時点で17万人を超えているそうです。

運用には、bicingを運営するBSM社※2が管理する駐車場の売上げをあてているとか
ECOでないものからお金を徴収し、ECOなものにお金をまわす、
という発想かもしれません。


旅行者ではなく市民向けのサービスとはいえ、便利そうです

(こんなサービスがあったら、
六本木や麻布や広尾の大使館を
自転車で回れんのになぁ  by Mr.Ume


「都市と自転車2」は京都です。
adios!


PICT1917_convert_20100311204056.jpg



※1 CIVITAS(City VITAlity Sustainability)
EUが2002年に立ち上げた都市交通に関するプロジェクト。
CIVITASのホームページ(日本語はありませんが…)はこちら

※2 BSM社
バルセロナ市が100%の株式を所有する会社。ちなみにbiciはスペイン語で自転車のこと



itn Open」編集・朝比奈のブログ 「tabitabi ontour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ




スポンサーサイト
Home | Category : ECOな話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top