FC2ブログ
  • プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2018/06/25(Mon)

【Advanced Class TEXT-67】転ばせるのは、脳である!

前回、「脳を活性化させ、意識を拡張することで、
世界はvividに押し寄せてくる」
と、述べた。この魅力的な体験を求めて、
古来、怪しいマガイモノが性懲りもなく登場しては、害毒をまき散らしている。
宗教体験、オカルト体験そして、drugである。
前者、「脳を活性化させ、意識を拡張する」ことと、後者「マガイモノ」との
違いは、意識の拡張と変性意識状態との違いにある。

拡張された意識は、脳の高次機能にまで作用するので、
意識の拡張は、情報把握・情報入力・情報の論理的な高速・高度処理など、
広範囲にわたる脳機能の拡張を、段階的に促進していく。
しかし他方、変性意識状態は、感覚器官が鋭敏に拡大され、論理機能は
脈絡なくrandomに拡大する。また、うまく正常化が働いた場合には
通常意識状態に戻るが、うまくいかなかった場合には、変性意識状態のまま、となる。
そして、変性意識状態が社会適合しないことは、周知の事実である。

過日、朝比奈が横断歩道で転んだ話(→コチラ)をしたが、
この場合は、自分の体のイメージの一部がねじれたために
内部にある尺度、つまり生物学的な測定装置が不確かになったために
起こるものだ。」
と、『レナードの朝』でオリヴァー・サックスは述べている。
なるほど、確かに!

「瞑想」という方法によって、「脳を活性化させ、意識を拡張する」ことができる。
しかし、この脳内で起こる事実を、知覚・認識するのが、“その場”がある、
同一“脳内”だということが、何より大きな問題なのだ。
本人にすれば、自身の“脳内”からくるお達しに、異議を申し立てるのは難しい。
その点が、「瞑想」をわからない、わかりにくいモノ? コト? にしている。
ふと、「瞑想」より前に、HATHA YOGAで考えてみよう! と。

つまり、HATHA YOGAで「生物学的な測定装置」の水準を上げることで、
「自分の体のイメージの一部がねじれ」ることを防止できれば、問題は解決するハズだ。
つまり、YOGAのアーサナを実修するときに、「体のイメージのねじれ」に対する、
積極的な防止策を組み込むことである!
「鍵」は回った! 「脳」の訓練法である。

5491411730_22f3b6e44b_z.jpg
Photo by madmarv00


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。