FC2ブログ
  • プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2018/03/16(Fri)

【Advanced Class TEXT-38】Once in a while, we must evaluate myself objectively. たまには、自分を客観的に眺めてみよう!

なにも瞑想などと構えなくとも、
たまには、自分を客観的に眺めてみよう!
ところがこれが、案外むずかしい、ということに気付くはずだ。
どのように難しいの?
いつの間にか、ウダウダと、自分の都合がどんどん湧いてくる。
なぜか、湧出物のほとんどが、自分の気に入らないことばかり。
「自分の気に入らない」とは、自己が、のびやかに主張できていないことだ。
この「自己の苦情」を、呑気に聴いてやることが大事だ。
「うんうん、そうだそうだ……」と聴いてやっているうちに、
苦情を言うのに、くたびれてくるらしい?
苦情をつくり出すネタがなくなる? どうでもよくなってくる。

ここで、瞑想に入る。ピタリと、振動が心地よい振動数に落ち着く。
Energy 振動の、わかりやすく言えば波形が、美しく整う。
この波動の海にひたって、まず、自分自身を眺めてみよう。
そこにいるのは、なぜか、とてもステキな、モノわかりのいい自分だ。
のびやかに、なめらかに、静かに、微細な光のような粒が、
茫漠と広がり、振動している。わけのわからない充実感が満ちてくる。
何もいらない、軽い、果てしなく自由だ!
いつもの自分が、バカバカしく、とても小さく見える。
この充実していて軽い解放感が、瞑想の醍醐味だろう。

そして、また、ゆるゆると、いつもの感覚世界に戻る。
まるで、透明な温泉に浸かった湯上りのように。
さっぱりと、何もかもが、やわらかく輝いて見える。
ふと、瞑想に入る前には、何を見ていたんだろう? と思う。
全身の隅々から、透明でVividな、やわらかな力が湧き上がってくる。
なんて、ステキなんだ! オマエ、結構いいヤツだ、捨てたもんじゃない!

1411179353_4e9ebc0868_z.jpg
Photo by sabreclaw


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト



Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top