• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2013/04/26(Fri)

尺八の進化と国際化

前回のブログでご紹介したとおり、尺八の起源については諸説あります。

有力な説は、唐初期に呂才(600~665年)という笛師が
洞簫を改良した というもの(音孔が表面に6孔、歌口は管の内側を削った作りで
あったものを、表面に5孔、裏面に1孔とし、歌口を管の外側を切った形に)。
この唐時代の洞簫・1尺8寸管が、中国から、あるいは朝鮮半島を経由して
日本に伝わったのではないか。現在、正倉院や法隆寺に保存され、
古代尺八と呼ばれているものです。

音孔と竹の節の数から見ると、古代尺八は6孔3節ですが
現代の尺八は主として、真竹の根元を使用した5孔7節。
そしてその間には、5孔1節の一節切(ひとよぎり)も登場しています。
日本における尺八史には空白期間 もあり、いつ、どのような理由で
音孔が1つ減ったのか、など、変遷には謎も多いよう。

2374140115_c4c553a59d.jpg
Photo by Krista & Robyn

6238735998_6df6b79d86.jpg
Photo by pheezy

音階や材質の違いなどを理由に、国内で変化していったのか、
それとも国外から新たな楽器がもたらされたのか。
ひとつ言えることは、必要に応じて楽器はその姿を変えていく、ということです。

現代の尺八は、竹の中間部で切断し、上下がジョイントできるつくり。
製造時に管の内側に残った節を削り取り、漆の地を塗り重ねて内径を調整することで
大きな音、正確な音程を生みだしています。(持ち運びも容易となりました


長い歴史がある、ということは、変化を続けてきた証でもあるのでしょう。
尺八は伝来した初期、雅楽の楽器として用いられますが
その後、田楽や猿楽にも使用されるようになり、民衆に広まっていきます。
江戸時代、普化宗の虚無僧のみが演奏する法器となった時期もありますが、
江戸中期に黒沢琴古により琴古流が、明治時代には中尾都山により都山流が成立。

4573990381_776bd51e7c.jpg
Photo by eiko_eiko

hokusai_fugaku_hodogaya.jpg
虚無僧が描かれている浮世絵。
葛飾北斎「富嶽三十六景・東海道程ケ谷」

しかし「明治の文明開化でヨーロッパ文化に、太平洋戦争の敗戦で米国文化に、
日本の音楽は痛めつけられた」などと言われるように
尺八もまた、多くの日本人にとってなじみの薄いものになっていきます。

雑誌「邦楽 糸竹の栞」第2号(1916年発行)に掲載された
「尺八に就て」という記事のなかで、荒木古童はこう述べています。
「旧套にのみ拘泥せず時世に伴して段々改良を加えて
尤もよく人情に合しなければならぬ」


さて、1967年のこと、
武満徹が琵琶・尺八とオーケストラ のために作曲した「ノヴェンバー・ステップス」の
ニューヨーク・フィルハーモニックによる初演が行われます。
またこの年、尺八奏者・山本邦山がニューポート・ジャズ・フェスティバル に参加。
その3年後には、尺八ジャズの名盤として知られる「銀界」を発表しています。

国際的に認知されるということが何を意味するのか。
家元や流派によって守られてきた世界に、さらなる変化の時が訪れます。


日本で尺八を吹く人口は現在約3万人程度と、減少 傾向にありますが、
海外、特に中国では増加 しているそうで、その多くが洞簫の経験者と思われます。
改良を重ねた尺八が、魅力ある笛として選ばれている、ということかもしれません。

1994年から開かれている国際尺八フェスティバルの開催地も、
2016年にはチェコのプラハ、その次は中国の蘇州が予定されています。
民族楽器は今や、世界中の人々が楽しめる時代。
だからこそ私たちは、和楽器をもっと知る必要があると思うのです



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : 世界の民族音楽&舞踊 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。