• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2013/04/04(Thu)

ミズバショウとスカンク

夏がくれば思い出す
はるかな尾瀬 遠い空

水芭蕉の花が咲いている
夢見て咲いている水のほとり

2127023194_e9c23ed5c3.jpg
Photo by Satoru Kikuchi

夏が来るのはまだ少し先の話。気が早い、わけではありません。
尾瀬では5月末ごろに見ごろを迎えるミズバショウですが、
雪解けのあとに咲くので、実際には春を告げる花なのです。


六甲高山植物園から、「ミズバショウが咲き始めました」
というプレスリリースが届きました。今週末に開花のピークを迎え
4月14日ごろまで楽しめそうだ、ということです。

六甲高山植物園の情報は“itn Open!”No.6に掲載しています
  
6-090-2.jpg


ミズバショウは日本(南限は兵庫県)のほか、シベリア東部やサハリン、
カムチャッカ半島の湿原・湿地に分布しており、その学名にも
camtschatcense(カムチャッカの)という単語が含まれています。

そして、英名が、何と、Asian Skunk Cabbage!
スカンク・キャベツとは、どういうことでしょう?
白く可憐なミズバショウとは、かけ離れたイメージではありませんか。

調べてみると、どうやら開花期に悪臭を放つ
アメリカミズバショウ(Yellow Skunk Cabbage, Western Skunk Cabbage)や
ザゼンソウ(Eastern Skunk Cabbage)のとばっちりを受けたようです。

4502759488_66b9cb0c89.jpg
Yellow Skunk Cabbage,
Photo by alh1

5642600_6bf592d332.jpg
Eastern Skunk Cabbage,
Photo by hiromama

同じサトイモ科、さらにアメリカミズバショウは
同じミズバショウ属ですから、よく似てはいるのですが……。
ミズバショウのにおいはほのかに漂う程度で、決して悪臭ではありません。
スカンクはともかく、花のあとに葉が大きく成長してモサモサすると
キャベツに見えないこともないのですが……。
(日本では、バショウの葉に似ている、ということで名が付いたわけです)

488977099_bbb5fe9983.jpg
Photo by y_katsuuu

ちなみに、花のように見える白い仏炎苞(ぶつえんほう)は、葉が変形したもの。
昆虫を誘い、風に乗って飛んでくる花粉をキャッチするのに
適した色と形をしている、ということでしょうか。
その中央にある黄色い棒状の部分が、花の集まった花序(かじょ)です。

5627355788_57aeda6865.jpg
Photo by psycho.mato


ミズバショウと花期は少しずれますが、六甲高山植物園では
アメリカミズバショウ(コガネミズバショウ)も見られます。
お近くの方は、ぜひお出かけください

次回は、「ミズバショウとクマ」についてお届けします。


itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : 季節の小話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top