• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2013/03/06(Wed)

釈迦の大涅槃に駆けつけた猫

ふうわりとした春風 に誘われて、住宅街入口の小さな橋のたもとを訪れた。
「やあ、やあ、お久しぶり。いい気分ですねぇ」
ゴロニャ~ンと、ニャン太が寝返りをうって、両手・両脚を思いっきり伸ばした。

ニャン太は、この橋のたもとに集まっているソーシャル猫 の会長だ。
そんじょそこらの人間どもの会長より、よっぽど人格? いや猫格? が高い。
なにしろ数人の定期食糧提供者(近くのおばさん)からいただく食糧を、実にうまく配分する。
まず、小さな子や気の弱い痩せっぽちたちを、食糧の近くへ呼び寄せる。
そして、すかさず彼らを押しのけて割り込もうとする風体卑しい外郭団体を、
ブオーッ!というすさまじい鼻息と、ギョロリとむいた両目の睨みで追い払う。
自分は、小さな子や気の弱い痩せっぽちたちが、ガツガツ食べるのを、
目を細めて見ている。が、
筆者のようなフリーの食糧提供者が通りかかって「ニャン太」と声をかけると、
さっそく飛び起き、足元にすりよってゴロニャ~ン、すりすり、ゴロニャ~ンと
営業にいそしむ。「ハイハイお待ちを!」と、食糧調達に走らせる絶妙な営業力なのだ。

春風に和毛(にこげ)をなびかせて、ゴロニャ~ンするニャン太は赤トラである。
ふと、京都・東福寺の大涅槃図(だいねはんず)が目の前に広がった。
3月14~16日の東福寺涅槃会で公開される大涅槃図には、
赤トラとおぼしき猫が描かれ、釈迦の入滅を悲しんでいる。
縦12m、横6mの大作は、室町時代の作品だそうです。


「大涅槃」というけれど、涅槃とは
消滅してしまうことで、釈迦の入滅、つまり釈迦の死を意味します。
釈迦の最後の言葉は「さあ、修行僧たちよ。お前たちに告げよう、
『もろもろの事象は過ぎ去るものである。怠ることなく修行を完成なさい』と。」

(『ブッダ最後の旅』中村 元訳 岩波文庫 *底本は「大パリニッバーナ経」パーリ語本)

釈迦は、デリーの東南、バナラシ(ベナレス)の北150㎞にある
クシナーラー(クシナガラ)で、紀元前386年(同383年、同483年の説も)の
陰暦2月15日に入滅されたのだと、伝わっています。

仏涅槃図が描かれ、寺院内に掲げられるようになったのは平安時代からで、
平安後期、応徳3(1086)年に描かれた、高野山金剛峯寺の「国宝 仏涅槃図」が
最古のものといわれています。
鎌倉・室町期には、仏涅槃図は宗派を問わず多くの寺院に備えられ、
釈迦入滅の日に、仏涅槃図を掲げて供養する涅槃会が盛んに催されたようです。
仏涅槃図には、寺院ごとにジャータカ(釈迦の前世物語)に登場する
ウサギ、牛、鹿、馬、豚、象、犬、猿、オウム、カラス、蚊、蛇など、
また、釈迦の母が投げた薬袋が木の枝に引っかかってしまった描写とか、
ご当地のならではの鯨やタコ などの特産品? を描き込んだものもあります。
となると、絵の解釈が必要になり? 熊野比丘尼(びくに)と呼ばれた
遊行尼たちによって鳴りもの入りで絵解きが行われるようになった。
絵解きは、今日も(パンフレットなどで)継承されています。

2828709753_19f9e11313 ヒンズー寺院の猫
インドのヒンズー寺院の猫
by samirluther

3518366932_47cdf012d9 ライオンインド
インド・グジャラートのライオン
by www.beontheroad.com

高野山金剛峯寺の仏涅槃図に描かれている動物は、
たてがみのあるライオンです!
今日なら、ライオンは動物園で見られますし、写真もあります。
しかし平安時代の後期に描かれたライオンが、なかなかリアルなのです。
象の場合は、タイあたりから中国南部経由で中国へ輸入も可能だったでしょう。
しかしライオンとなると……。
ローマ帝国はコロッセオで闘技に使用するライオンを
インドとアフリカから大量に輸入していたそうですが、日本はどうでしょう。
ライオンはネコ科の動物ですが、
滋賀県守山市にある東光寺の涅槃図に描かれているのは三毛猫。
京都・東福寺の猫ともども、いろいろといわれがあるそうです。

しかし、干支に猫が入っていなかったり、鍋島の猫騒動、有馬の猫騒動などの
化け猫話や、猫下ろし、猫かぶり、猫かわいがり、猫背、猫綱、猫面、猫なで声、
猫に小判……と、どうも日本文化における猫の地位は極めて低い ような気がします。

東福寺や東光寺の大涅槃図に猫が描かれているのは、
さすが「一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)」と、
万物平等を説く仏教らしい発想 ではありませんか! と、
itn Open!”専任キャラクター猫のプンちゃんが、ひとりごとを言っています。


2-033.jpg
東福寺の情報は
itn Open!”No.1に掲載しています


itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : プンの仲間&世界のにゃんこ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。