• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2013/01/24(Thu)

新年と新春はめでたい

現代日本の生活スピードはとても速い
今ごろ新年、新春? と笑われそうです。
先日、某大使館のスタッフに「今年もよろしく」と挨拶したら、
怪訝な顔でしばし沈黙。
あっ、またやってしまった!と“itn Open!”の編集者はあわてて話題を転換。
「また」というのは、何年も前にクリスマスでも失敗したからです。

近年の日本は、クリスマス はもとより
ハロウィン やバレンタイン など、商業戦略に乗ったお祭りが盛んで、
日本の歴史・風土・民俗文化を土台とする本来の「マツリ」が
消えかけているように思えてなりません。
しかし一歩、海外の他国へ出ると、多くの国々の人々は
自分のアイデンティティ同様にマツリを大切にしているようです。
マツリは季節のめぐり、日のめぐりと深くつながっています。

前述の大使館スタッフは、ユダヤ暦にしたがって暮らしているのです。
ユダヤ暦の新年は、9月17日の日没からスタート。
ちなみに、本年(2013年)は5773年です(日本ヘブライ文化協会)。
この年号は、ユダヤ教において神が世界を創生した日とされる
紀元前(以下BC)3761年10月7日が基準とされるのだそうですが。
地球誕生から46億年という現代科学の読みからすると、あまりの短さに驚きます

262239393_4bb4c76986シナゴーグ
プラハのユダヤ教礼拝所
Photo by sambeckwith

ユダヤ暦は、季節の変化を反映しないので農事に適さず、別に農事暦で補われます。
イスラム暦も同様でやはり農事暦で補うのですが、
この農事暦はユリウス暦をベースにしています。
ユリウス暦は、ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)によって制定され、
BC45年1月1日から実施された太陽暦 です。
このユリウス暦、現代でもギリシャ正教会で使われています。
ちなみにイスラム暦は、ユリウス暦622年をビジュラ元年としています。
イスラム暦はビジュラ暦とも呼ばれますが、
預言者ムハンマド(マホメット)が、マッカ(メッカ)から
マディーナ(メディナ)へ聖遷(ビジュラ)した年を起点にしたのです。

6732979995_e57218bf61 mosuku
メディナのモスク
Photo by A.K. Photography

日本の旧正月、1月1日は雨水(2013年2月18日)直前の朔日(さくじつ・1日)なので、
今年(2013年)は、グレゴリオ暦の2月10日が元旦となります。
グレゴリオ暦はユリウス暦を修正したもので、
ローマ教皇グレゴリウス13世が制定。
ユリウス暦1582年10月4日(木曜)の翌日を、
グレゴリオ暦10月15日(金曜)にしたといいます。
1582年といえば、織田信長が明智光秀に急襲され、本能寺で自殺した年です。

141084182_ad29e8e2f4 カエサル
Photo by get directly down

日本では、明治5(1872)年の12月2日に
天保暦(旧暦)を改めてグレゴリオ暦1月1日に制定されました。
グレゴリオ暦の精度は、3221年に1日の誤差というのですから大したものです。

しかし新春という感じは、
節分を経て立春を迎え、草木が芽吹き始める 雨水前後の
“芽出たい!”の胎動にあるように思えるのですが。



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : 季節の小話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。