• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/10/11(Thu)

美しい村って、どこかしら? 1 仰木の里

美しい村、といったら、どこが思い浮かびますか
このところ、なぜか、立て続けに奇妙な夢を見たのです。
他人の夢の話はだいたいつまらないものですが、でも、これは美しい村の夢です。

山の傾斜地につくられた棚状の田んぼの農道や畦道(あぜみち)を、
もう何時間もさまよっている。あれは比良山系だろう、東にまぎれもない琵琶湖、
そして向こうに湖南、また湖東の山々が望まれる。ここは仰木(おうぎ)の里
にちがいないのに、あの棚田はどこだったか、どうしても見つからない。
急な農道を上り下りしてくたびれはて、
まばゆい稲穂の海のただ中で、ついにへたり込んでしまった。そのとき、
畦でイナゴとアカガエルが跳ね、イモリが走り、サワガニ が数匹集まり、
カマキリがハエトリグモをとらえ、モンキチョウが鼻先を舞い、
シオカラトンボやアキアカネが頭上を飛びまわり、オオヨシキリが奇声を発し、
2羽のヒヨドリが飛来し、……すると一瞬、ある気配があって、農道を
長々とくねる生きものが目の端に入り、アア、アアと叫んで、気がついたら、
畦道ならぬベッドの上で寝返りを打っていた。

夢の中でさがしていたのは、
今森光彦『里山物語』(木村伊兵衛写真賞受賞作、1995年新潮社刊)の
表紙を飾った棚田群です。くねくねと波打つ畦の曲線、大小形状のさまざまな
田んぼと樹林のリズミカルなつらなり、階段状の変化に富む壮美な景観。

satoyama_convert_20121011172130.jpg

あの写真集から受けた感銘 は忘れられず、
10年ほど前、滋賀県大津市の仰木の里を訪ねたことがあります。
けれど里山でも棚田でも、変化が目立ちます。今森氏が見いだして記録した棚田群は、
いまではもう見られなくなってしまったと聞きます。形も大きさも
まちまちで機械化しにくい棚田の農作業が労多いことはいうまでもありません。
農業者の高齢化と後継者不足から休耕田が増え、いわゆる「獣害」も少なくない。
棚田とともに生きる里山に加勢しようと、
写真家の今森氏は仰木にアトリエを構えて「里山塾」などの活動を続けています。
また、棚田支援ボランティアや棚田オーナー制度などによる保全活動も、
仰木に限らず全国で地道に取り組まれています。
参加の仕方はいろいろあります。
たとえば滋賀県のwelcome toおうみ棚田ネットへ、ぜひどうぞ。

(美しい村の夢は続きます……


itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。