• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/08/03(Fri)

涼やかな風の音

すだれ、青葉ゆらめくゴーヤのカーテンが
目に涼やかな“itn Open!”の編集室。
網戸越しにゴーヤカーテンを眺めるのが気持ちいいと、
開け放したガラス戸の方から、チリンチリンと耳に心地よい音がする。
この音のはこぶ涼味は、なんと澄みきって軽やかなことでしょう!
音のする方を見ると、江戸風鈴の紙札が揺れている。
その上方に、無色透明の風鈴があった。

IMG_4826-2.jpg

色もなく、柄もなく、無色透明なのがいい。
涼風を、ふと、思い出させる。滝のしぶきや、清流の霧を含んだ……。
ところが、この無色透明の風鈴は、編集者に熱気を蘇らせた

江戸風鈴の篠原風鈴本舗で、篠原儀治(よしはる)氏の指導を受けながら、
あら、あらら……っと、宙吹き(ちゅうぶき)に挑戦した時の熱気だ。
坩堝(るつぼ)のある炉の中の温度は1320℃前後、
どろどろに溶けたガラスを、「とも棹」というガラス棒を差し込んで、
1円玉ほど巻き取ってふくらましたのが口玉。
これを少しふくらまし、針金で糸通し穴を開ける。
つづいて、ゆっくり回しながらふくらませていくのだ。

IMG_4577-2.jpg

江戸川区無形文化財の認定を受け、文部科学大臣賞受賞の五世・儀治氏は、
ぷうっ、くるり、ぷうっ、ぽわん……と、じつに気持ちよさそうに、楽々とふくらます。
ゴム風船のようだ。「よっしゃ!」と、編集者は意気込んで「ぷうっ」。
デレ~ン、ポタッ。溶けたガラスはとも棹から床に垂れ落ちてしまった
難しいなんて考えるいとまもない! あれっ、あああ。
師匠が手を添え、ゆっくり回し、呼吸の指示にしたがってぷうっ。
「よいしょ、ぷうっ、もうひと息!」
手は、ほとんど師匠のお仕事でした。

さて、ガラスが冷えて自作の風鈴誕生です。
取材の時間切れ、というわけで、絵付けができませんでした。
無色透明の風鈴が、こんなに味のある粋なものだなんて。
今、スカイツリーを訪ねる外国人にも大人気の江戸風鈴ですが、
五世・儀治氏は、パリ やロンドン でも人気者です。
1800年代のことでしょうか、「イギリス各地では風鈴を戸外に吊るし、
その音からエネルギーをもらうと吉運がつくといわれ、騒音になるような
大きな物まで現れたそうです」
と、篠原氏の弁。

Sound, Noise, Tone, Note, Ring …… さて、風鈴の音は
涼風の音でしょうか。
ふと、風には音がない、ということを知った時のことを思いだしました。
シルクロード、ゴビ沙漠を貫く自動車道路を走っていて、
風の名所に降り立ちました。
車外は、立っていられないくらい、すっ飛ばされそうな強風が吹き渡っていましたが、
ヒューとも、ゴォーとも、まったく音がしません。
吹きさらされた沙漠は、吹き飛ぶものも、動く草の葉一枚もなく、
まるで無音。無風、真空空間のように見えました。

5-116-117-2.jpg


ゆらゆら揺れるゴーヤの葉の間を通り抜けてくる
緑の風は、チリンチリンと澄んだきれいなとても涼しげな音がします。


itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : ECOな話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。