• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/06/13(Wed)

ふるさと沙漠地帯の瓜が美味

編集人・朝比奈が初めてゴーヤを食べたのは、
シルクロードの街・トルファンでした。

1666459162_513b6e5c4cturupan to urumuchi
Turpan to Urumqi
Photo by sandandtsunamis

15年ほど前のことです。
沙漠の熱暑 にあおられ、げんなりして向かった昼食の食卓に、
くずあんにくるまった野菜炒めが登場。
でかいインゲンと緑のナマコのような炒め物。
マントー(饅頭、あんこなど入っていないが実に美味)のほかには
野菜炒めと飲み物だけだったので、エイッ! と口に入れました。

「Oh 苦い。これは何?」
「苦瓜です」

食べているうちに、不思議と苦味がうま味に変わり、
なぜか、とても爽やかな気分になっていたのです。
緑のナマコをじっ と見るうちに、思いだしました。
東京のスーパーの野菜売り場で見た、あのオソロシゲな風体のモノを。
とても、とても購入して食べる気にはなりませんでした。

ところが、なかなかイケるではありませんか、この味。
ここ十年来、沖縄キャンペーンなどとともに、
苦瓜はゴーヤと名乗って人気上昇。そこへ省エネ&ECO が追い風となり、
目下、グリーン・カーテンとゴーヤ・チャンプルは時代の寵児のようです。

シルクロードでは、どうでしょうか

トルファンからシルクロードを経度でおよそ5°東へ向かうと、
ハミ(哈密)という街があります。
あの甘くて大きいハミウリ(哈密瓜)の産地です。
大八車のような車や、トラックに山と積まれ、
その上に人間も2~3人乗っかって、運ばれていきます。
ハミウリといっしょにスイカ(西瓜)も乗っかっています。
そう、哈密瓜・西瓜ともに漢民族中国の西で産する瓜なのです。

2737484099_d930cf9a73hami uri
ハミウリ。Photo by roundedbygravity

灼熱の太陽の下で、ひと抱えもあるハミウリを買い求め、
6人で分けて食べました。
冷蔵庫で冷えていないから……と思いきや、ひんやり冷たく、甘みも充分。
このひんやりは、湿度0%かと思うほどの乾燥度のせいで、
切り分けた瓜の表面の水分が蒸発し、気化熱を奪うから。

ああ……、あののどかなハミウリとニガウリの街を思い出しながら、
昨今の新彊ウィグル自治区の、きな臭い報道に心を痛めています。


itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : ECOな話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback1

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。