• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2011/11/22(Tue)

オクラはアフリカの風邪薬

「大根あめ」が喉の痛みに効くということで、
思い出しました! アフリカの風邪薬です。

ロマンチックな淡い黄色の大輪、花芯部のエンジ色も魅力的な、
オクラの花が群生する風景を見たことがありますか。
それは幻想的という言葉がぴったりの風情です。
このアオイ科の植物・オクラの原産地は、アフリカです。

3766005596_fb0ca49816.jpg
Photo by saiberiac

5941092924_3341619157.jpg
Photo by faul

アフリカではオクラのサヤ(種の部分)を生食したり、煮て食べたりします。
ここまでは日本と同じですが、
アフリカの人々は、これを風邪薬として大切に利用しているのです。
近年、日本でも免疫力を高める 食品として、オクラが脚光を浴びています。
あのサヤに入った白い種のネバネバが効くということです。
アフリカの人々は、「免疫力?」てなもんですが、
「オクラは、ずっと昔からよく効く風邪薬なんだ」といいます。

そこで、試してみましょう!
オクラを数袋買ってきて、袋(通常は網袋)のまま洗います。
水を切って、風通しのよい所に吊るし、日光 を当てて乾燥し、保存しておきます。
喉がヘンだ、鼻水が出る、ちょっと風邪っぽい、などと感じた時、
乾燥したオクラ2~3袋分を土瓶(なければホウロウの小鍋)に入れて、
適当に水を入れ、ちょろ火でコトコト煮出します。つまり煎じるのです。
適当な色と濃さになったら火を止め、さましてから飲みます。

とてもよく効きます
なにしろ免疫強化物質が濃縮されているわけですから。
水の量、火加減、煮出す時間などは、
何度かご自身で実験しながら「こんなもんでしょう」と、到達してください。

エチオピアのコーヒー道(詳細はこちら)のとき、
エチオピア女性は、何度も何度も味見をして決めていたのを思い出します。
○○グラムの乾燥オクラ、○○リットルの水、○○時間の煮出しなんて、
アフリカでは考えません。火力も違えば、土器の質も違いますから。

お宅の都合で実験を繰り返し、「効いたみたい」から「これ、間違いなし」まで、
研究してみてください。
私の場合は舌に感じる味が「うん、これ効きそう」というところで、
実際、とてもよく効きます

4908805630_5911e07359.jpg
Photo by sleepyneko



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : スタッフの話、裏話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top