• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2011/11/18(Fri)

Japanese radishは大きい根

立冬を過ぎてぐっと冷え込み、ちまたでは風邪が流行しています
itn Open!”編集部のスタッフも1人、喉をやられてしまいました……。

喉が痛い時は、大根を切って水飴につけた「大根あめ」が効きますね。
大根はビタミンCが豊富で、免疫力を高める作用や消炎作用があるため
古くから喉の痛みや咳止めなどに利用されてきました。


ところでこの大根、英語ではJapanese radishと呼ばれます。
(daikon radishとも)
単なるradishは、赤くて丸い根をもつハツカダイコンを指す事が多いとか。

大根の原産地は地中海地方や中東など諸説あり、
古代エジプトで栽培されていたという記録もあるそうです。
日本 へは中国 を経て渡来しましたが、
現在、私たちが目にする白くて太い大根は、日本特有のもの


『古事記』や『日本書紀』には於朋泥(おほね)と記されています。
(「淤富泥」「意富泥」などとも)
おほね、おおね、大根、というわけです。
『古事記』では、仁徳天皇が皇后におくった歌に
「大根の根の白さと同じ、美しい白い腕」という表現が出てきます。
「大根足」ならぬ「大根の白腕」は褒め言葉 なんですね。

日蓮上人の見た大根は「大仏殿の大釘」ほどの太さだったそうで
室町中期に品種改良が進み、
女性のふくらはぎのような太さになったのは元禄のころといいます。


947366867_cd4e97b6de.jpg
Photo by hlbspace

大根は、日本人にとってあまりに身近な野菜なので
その種類の多さに感動したり、歴史に目を向けるということを忘れがちです……。
が、まずはおいしい大根がいただけることに、感謝しましょう!
まさに、大根がおいしい 季節です。


子母澤寛の『味覚極楽』に登場する増上寺大僧正・道重信教氏によれば、
大根は「昆布を敷いたのへ、皮をむかずに二つ位にポキリと折って煮たの」がよいそうで。



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : 季節の小話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top