• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2011/09/16(Fri)

プレプレとンチャク

ここのところ、何かとアフリカ色の強い“itn Open!”。
だから、というわけでもないのですが
スタッフは先日、多摩美術大学美術館で開催中の
「SOUL@AFRICA」を観に行きました。

紹介されているのは「フリーダ・コレクション」。
アフリカ文化研究家として知られる故白石顕二氏が
フィールドワークのなかで収集した作品・資料群です。

会場内は
伝統的造形に見る現代性(立体編)
伝統的造形に見る現代性(テキスタイルと装身具編)
伝統から発展した現代アートの世界
の3パートで構成されていました。


さっそくですが、スタッフが家に飾りたい作品No.1 を発表しましょう。
それは……やはり……
プレプレ面(ナイジェリア連邦共和国、バウレ族)
太陽 を象徴しているという丸い顔に2本の角、四角い口が特徴です。

バウレ族の儀礼や祭りのなかで行われる仮面ダンス「ゴリ」には、
プレプレ、ゴリゴナン、パンプレ、パンと呼ばれる4種の仮面が登場。
これらは家族を構成し、プレプレ面は少年少女を表すそうで
愛らしくてユニークな造形をしているのですが……。
バウレ族の仮面に見られるやわらかなライン、静かな表情は
モディリアーニの作品に大きな影響を与えたといわれています。


ほかにも、祭礼の際に身に着けられた
ンチャク(コンゴ民主共和国、クバ王国、ブジョング族)。
アップリケのデザインは、
アフリカン・アートより西洋美術を見慣れた目を通してみれば
まさにパウル・クレーの世界です

ピカソやマティス、クレーら、ヨーロッパの芸術家たちは
アフリカのプリミティブアートに刺激を受け、すばらしい作品を残しています。
が、ヨーロッパ人のアフリカ進出、という歴史を考えずにはいられません……。


実物をじっくり鑑賞したくなった皆さま、
この展覧会は9月19日(月)までですので
お急ぎください

5183003609_dfb3c8b510.jpg
Photo by ellenm1

※写真はイメージです


itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : スタッフの話、裏話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top