• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/09/07(Wed)

モザンビーク人が最初です

アフリカ人の来日に関する最初の記述は、
1546年に山川港(現・鹿児島県指宿市)に入港した船に乗っていた
黒人に関するもの。

山川港に半年間滞在したポルトガル人船長ジュルジュ・アルバレス によるもので、
例えば、フランシスコ・ザビエル に宛てた手紙では、
「日本人は黒人特にモザンビークから来たカファヤ人を観ることを悦び」
と書いているとか。
カファヤ人とは、東アフリカに住む人々のこととされています。

その次に記録に姿を見せるのは、
1579年に来日したイエズス会東インド巡検使のヴァリアーノ が連れて来た黒人で、
後に織田信長の部下となり、「弥助」という名前をもらったことで知られています。
一説によると、彼もモザンビーク人だったとか。

また南蛮屏風の中には、ヨーロッパ人に傘をさしかけたり、
荷物を運んだり、黒人らしき人物の姿を描いたものがあります。

ポルトガル人がアフリカ大陸への進出を開始したのは1415年ごろ。
1498年には南端の喜望峰を経て、大陸の東南に位置するモザンビークに到達
奴隷貿易が本格化した1530年代には、
アフリカ各地からポルトガル最大の植民地ブラジル へと、黒人奴隷が多数送られました。

一方、日本 はポルトガル船が取引をした土地のなかでは最北とか。
ポルトガル人が種子島に火縄銃を伝えたのが、1543年。
そのころポルトガルはビルマ、マレーシア、インドネシアなどに拠点を築き、
約10年後にはマカオを獲得しました。

ポルトガル統治時代のモザンビーク島には、
フランシスコ・ザビエルや天正遣欧使節も滞在。

Franciscus_de_Xabier.jpg

1991年に世界遺産に指定されたモザンビーク島には、
ポルトガル東インド会社統治時代の砦や教会などの遺構も残っています。

2735273755_f62b52d8f0_m.jpg

2735189855_de7f18177a_m.jpg
Photo by Stig Nygaard


現在、モザンビークでは経済発展のためのインフラ構築が進み、
ツーリズムへの好影響も期待されています。

itn Open!”No.7では、そんなモザンビークをはじめ、
アフリカ諸国を紹介します



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : itn Open!の情報 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。