• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2011/06/08(Wed)

水の建築 1

じわりじわりと暑さが増し、京都の貴船の川床のような、
水辺の涼やかさ が思われる今日この頃。

itn Open!” No.6で紹介予定の、大阪川床 北浜テラスは、
川沿いのビルを改装するなどして川床を設けたもの。
土佐堀川を挟んで対岸は中之島公園という眺めのいい立地で、
飲食店として利用されています。

北浜テラス(MOTO)1



アプローチが浅い池の中に設けられた
東京国立博物館 法隆寺館」(“itn Open!”No.1で紹介)、
棚田状の池に面して離れが建ち並ぶ
星のや軽井沢」(“itn Open!”No.1で紹介)、
水に浮かぶように建てられた
佐賀県守山市の「佐川美術館」などは、目にも涼やか。



また、世界に目を向けるとこんな建物もあります。

d0039955_12483965.jpg

エストニア 出身でアメリカ 育ちのユダヤ人、ルイス・カーンが設計した、
バングラデシュ国会議事堂( Jatiyo Sangshad Bhaban、ションショド・ボボン)。
1962年にルイス・カーンが依頼を受けた時にはまだバングラデシュという国はなく、
パキスタンの国会議事堂用だったそうです。
(バングラデシュ政府観光局のHPはこちら

その後バングラデシュを何度も訪れたルイス・カーンは、
「東パキスタンの風景を形づくる要素は水と植生である」と捉え、
ムガール朝の庭園建築にインスピレーションを受けたりしながら、設計。
国会議事堂の内部にはモスクもあり、
紙幣にも採用されているほど、国民に愛されている建物なんだとか。
今もルイス・カーンによる国会議事堂周辺地域のマスタープランに沿って、
ゆっくりと官舎などの建築が進められているそうです。



……続く(次回は大阪の水辺で育った建築家の作品を紹介)



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : 季節の小話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top