• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/05/27(Fri)

Rwanda Coffee

0524るわんだこーひー2

時にはのんびりCoffee Break
いいえ、これも大切なResearchです。

「ホテル・ルワンダ」などの映画でも描かれ、
内戦やジェノサイドといったイメージが強いルワンダ。
しかし1994年の内戦終結後、復興を遂げ、
1999年には内戦前の経済水準まで戻ったそうです。
特に2000年代に入ってからの発展ぶりは「アフリカの奇跡」と評されるほど。
現在は治安も良く、
世界のマウンテンゴリラの3分の1が生息するほど、自然も豊か。

そんなルワンダの主要輸出品のひとつがコーヒー豆。
植民地時代に、外貨獲得のための輸出農作物として、
農家ごとに70本の木を育てるよう義務付けられたのがルーツ。
このため現在でも大農場ではなく、50万世帯ともいわれる小規模農家が育てています
生産された豆は、その地区にある「ウォッシングステーション」という所に持って行き、
生豆に加工し、「ウォッシングステーション」単位で取引されるシステム。

最も低い場所でも標高1000mという立地
火山灰質の土壌
豊富な雨量
など、さまざまな好条件によって良質の豆が生産されているそう。

そんなルワンダの現在の状況や経済、観光など、
詳しい情報は“itn Open!”No.6にて!

…… All in good time



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : スタッフの話、裏話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。