• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/05/18(Wed)

城を建てる

時には「ケチでせっかち」とも評される大阪人。
2006年に大阪アドバタイジング協会が行った
大阪人と東京人の行動比較調査」でも、そんな傾向がみられたとか。

しかし江戸時代には商人の力で橋をいくつもかけ、
戦後も、地元の人々がお金を出し合って通天閣観光株式会社創立事務所を設立し、
通天閣を再建 (通天閣についてはこちらもご参照ください)
大阪では「ケチ」は「経知」と書くとのうわさどおり、
大阪人は「ただのケチ」ではないよう。
通天閣と並ぶ大阪の名所・大阪城天守閣も、市民の寄付で建てられたものです。

時は1928年。
大阪城は陸軍の駐屯地となっており、民間人の立入りは制限されていました。
当時の市長・関一(せきはじめ)は、
日本で初めて「City planning」を「都市計画」と訳して使ったとされる人物。
関東大震災後に東京を抜き、人口日本一となった「大大阪」にふさわしいシンボルとして、
焼失したままの大阪城天守閣を復興させ、都市公園を造ろうと計画。
「昭和天皇の即位記念である、御大典の記念事業」という名目で、
大阪城天守閣の復興と大阪城の公園化を提案しました。

駐屯していた陸軍第四師団には、
大阪城本丸跡地に鉄筋3階建、延べ床面積約6600㎡の司令部を建設・寄付することで、
天守閣の復興と公園化にこぎつけます。
鉄筋コンクリート造、エレベータ付きの天守閣が完成したのは、1931年。
以降戦争や台風 などの被害を受け、修理が施されつつ、
現在も大阪のシンボルとしてそびえています。

64762752_f472bc6d34_m.jpg
Photo by 猴川一郎

ところでこの再建時に、公園の整備と天守閣の復興にかかった金額は70万円。
陸軍第四師団の司令部の建築費は80万円。
1929年10月24日には世界恐慌が発生、というタイミングにもかかわらず、
総事業費150万円(現在の貨幣価値に換算すると750億円程度とも)は、
すべて募金によって賄われました。
わずか半年で7万件以上の寄付が集まったとされています。
ちなみに1番金額が多かったのは、住友財閥の住友吉左衛門の25万円で、
2番が三菱財閥の岩崎小弥太の5万円。
寄付金を募ったのは、御堂筋や地下鉄御堂筋線の工事を行っていたため、
市に予算がなかったからのようです。

ほかにも大阪市には、住友家が建物を建築・寄贈した大阪府立中之島図書館
株式仲買人だった岩本栄之助の寄付金100万円で建てられた大阪市中央公会堂など、
民間人の力で造られた公共建築が今も残っています。

315657515_d1f9535f45_m.jpg
大阪市中央公会堂
Photo by sakura_chihaya+



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。