• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/30(Thu)

ナツメヤシ

「これ、何ですかねぇ めっちゃ黄色い実がついてるんですけど……」

itn Open!”No.4掲載用に、バーレーン大使館から借りた写真を見て
Mr.Umeが言いました。

51.jpg

56.jpg

「ナツメヤシじゃないですか」と答えると、
Mr.Umeは「これがサウジのマーク(国章)にある木ですか」と。
itn Open!”No.1の取材時に、サウジアラビア大使館からもらった資料を思い出したよう。

「でもどんだけ好きやねん ってくらい、ナツメヤシの写真があるんですけど……」

ナツメヤシは古代から栽培されていた植物で、
イスラムではラマダンの時に食べる大切な食べ物でもあります。
子どもが生まれるとナツメヤシを植える風習もあるとか、ないとか。
サウジアラビアでは、政府がナツメヤシの電子商取引を行うサイトを開設したそうです。
……などという話をしたのですが、それにしても、多い。

それもそのはず!
インタビューで大使が「むっちゃアピールしていた」というディルムン文明と
ナツメヤシには接点がありました。

ディルムン文明のディルムンとは、
古代メソポタミア文明の神話に「楽園の国」として登場する場所のことで、
バーレーン島のことではないかとされているそう。
またこのディルムン文明やディルムン文明が栄えたバーレーン島を、
旧約聖書の「エデンの園」のモデルとする説もあります。

ナツメヤシはクルアーン(コーラン)では「神の与えた食物」、
旧約聖書では「エデンの果実」とも呼ばれ、何回も登場するそうです。
そのナツメヤシが、当時の地下水が豊富だったバーレーン島北部にたくさんあったことも、
エデンの園=バーレーン説の根拠のひとつなのだとか。

現在でもバーレーン島では、北部を中心に多くのナツメヤシが栽培されています



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン


スポンサーサイト
Home | Category : スタッフの話、裏話 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。