FC2ブログ
  • プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2018/08/30(Thu)

【Advanced Class TEXT-86】瞑想で、W抽象概念を育てよう!

日常生活が、どんどん広範囲にわたって、コンピュータ・システムに乗っ取られている。
スマホを器用に操って、さまざまなメリットを享受しているように思う人も
少なくないだろう。けれど、自身の「脳」が、どんどんsimpleに
教育されていくことに気付く人が、どれほどいるだろうか?
ちなみに朝比奈はガラケイ派だが、
過日、“情報格差”とは、こんなことか! と、少なからず驚いた。

朝比奈はWikipediaの愛用者で、多大な恩恵を頂戴しているから、
「寄付」offerの表示が出た時には、少々(ビンボーだから)ながら協力すると、
しばらく経って「目標額達成しました。ありがとう」表示と領収サインが出る。
ところが、そのWikiを「スマホで見られるよ」という知人。
「そんな小さい画面で?」と朝比奈。その画面を見て、ビックリ仰天!
そんなもんでしょう、その画面では。圧倒的に情報が圧縮されてしまっているのだ。
これこそ、当然のことながら“情報格差”である。が、ちょっと便利。
だから、手広く物知り風に使う男女が少なくない。
情報時代のdeepな恐さは、
時代が率いる価値の享受者を、自動選別してしまうことではないか?
この便利な“情報格差”に陥ってしまうのは恐い!

朝比奈は常々、「タダ情報ほど恐いものはない」と言っているが、
情報は多角的に検証され、密度の高いものにこそ意味があり、利用価値がある、
しかしそうした情報にはコストがかかる。
だから、そうしたprocessのないタダ情報は、
“知ったかぶり”おしゃべり利用以外に、価値が少ない。

そして、“脳”にとって重要なのは、抽象概念の価値である。
タレ流しレベルのDATA情報ばかりを追って、知識を山ほど集積しても、
“脳”クンの活躍舞台はない。“脳”クンがワクワクする仕事は、
DATA情報を処理加工し、貯蔵記憶と混ぜ合わせ、
さまざまな新しい概念を構築することだ。こうした作業は、抽象概念操作で行われる。

前回、single抽象について述べたが、今回の
「DATA情報を処理加工し、貯蔵記憶と混ぜ合わせ、さまざまな新しい概念を構築する」
というprocessはW抽象。つまり「DATA情報を処理加工」した抽象概念から、
「新しい概念を構築する」という抽象作業操作になる、抽象×抽象である。
このprocessで、瞑想の果たす役割は大きい。
人類の進化過程において、抽象概念を理解し、使いこなせるようになって、
まだ日が浅いから、なかなか難しいところがある。そこで、
瞑想のrandom access(→コチラ)にお任せしよう、と。

これまで、じっくりとlessonしてきた人なら、できるはずだ。
そして、「脳自身が最適性を探し、追究する」というのは、「こういうことか!」と、
深く実感できるはずである。
W抽象概念の世界は、実にすばらしいのだ。
次回は、W抽象概念の世界へ、一歩、踏み込んでみよう。

17902409698_9cfe71f549_z.jpg
Photo by gamemorph


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top