• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2011/07/27(Wed)

タンザニアの魅力

itn Open!”No.6の発売、編集部の移転とあわただしいなかでも、
No.7の発行に向けたリサーチや取材は進んでいます。
先日は駐日タンザニア大使館に伺いました。

タンザニアはケニア の北に位置し、
サファリツアーやキリマンジャロ登山などの観光で、多くの人々をひきつけています。

01--2145604489_42f8dc1a48_m.jpg
Photo by Stig Nygaard

02--5696605041_751269bb09_m.jpg
Photo by David Berkowitz

「インフラなどの整備や観光商品の開発を進め、
将来的には周辺国からも観光客を呼び込めるようにしたい。」
と語るサロメ・T・シジャオナ大使(女性の大使です)に、
「周辺国と差別化できるようなタンザニアならではの魅力は?」
と編集人・朝比奈が質問。
すると大使は
「ホスピタリティ です。人が優しい。これはタンザニアが一番。
それになんといってもタンザニアは平和な国です。
独立以来内戦を経験していません。」
と胸を張って答えました。

民俗学者・宮本常一は、
人生初の海外旅行の目的地に東アフリカ(タンザニア、ケニア)を選んだ理由を、
「アフリカのそれも東アフリカに一番心をひかれたのは、
ここには大して大きな戦争のおこなわれたことがなかった、
人間が武力や経済の力によって
他人を支配したりされたりすることが比較的少なかった、
そういう社会での人間と人間との関係、人間と土との関係はどういうものであろうか。
すでに成長しきっている国よりも、
これから国民として成長していく民族の方に心をひかれる。
そこにはまた学ぶべき多くのものがある。」

(『宮本常一、アフリカとアジアを歩く』宮本常一/
「東アフリカをあるく」はこちらでも読めます)と記しています。

そして実際に訪れた感想として、
「この国の人々は実に親切で人なつっこいのである。」
「(前略)他人を征服し、支配する意欲も、
他人の利を奪ってみずからの幸福を得ようとするような人も少ない。
そのことはあるいていてよくわかる。
実に親切であり、疑い深い眼でわれわれをみることはほとんどない。
しかしギブ・アンド・テイクの法則は確立している。
そのことによって犯さず、犯されない世界が確立している。」

(前掲書)とも。

宮本常一がタンザニアを訪れた1975年から35年あまり。
大使の自信あふれるようすから察するに、
今もタンザニアはホスピタリティあふれる国のよう。
itn Open!”No.7のタンザニア紹介ページは、魅力的なものになりそうです

03-3231773197_8b1f95f0b6_m.jpg
Photo by DVIDSHUB



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : itn Open!の情報 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top