• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2011/01/14(Fri)

396

明日1月15日は、各地で注連縄飾りなどを燃やす
小正月の火祭りが行われるそう。
左義長(さぎちょう)、どんど焼き、どんと祭など地方によって呼び名も異なり、
何を燃やすか、どこで燃やすかなども違うようです。
なかには国や県の重要無形民俗文化財に指定されているのもあるとか。

itn Open!”No.5で紹介する扉温泉 明神館のホームページにも、
小正月の火祭りについて掲載されていました。
宿でも行うほか、宿泊客は近くの祭りに案内してもらえるそうです。

出身地が近いスタッフによると
「そうなんです、“三九郎(さんくろう)”っていうんですよ。歌まであります
繭や野菜をかたどったまゆ玉を米の粉で作って、柳の木にさして、焼いて食べます。
味は……まぁ微妙ですが、お腹を壊さない、病気にならないっていうんで。
でもお寺でやるっていうのは、ちょっと違いますねぇ。
火災予防やスペースの関係で田んぼや河原でやることもありますが、
基本は道祖神の前でやるものです。
櫓の、クリスマスツリーなら星 をのせる所に
ダルマをのっけるのは必須ポイントですね」。

photo.jpg

別のスタッフからも、
「私の所では“左義長”ですね。ま、“どんど焼き”とも……。
書き初めを燃やしましたね~」
なんて話が出る一方、
「私は新興住宅地で育ったので、そういうの全然知りません」
というスタッフも。

確かに近年は、スペースの問題やダイオキシン問題、
ゴミが投げ込まれるなどのマナー問題などがあり、
いろいろ苦労もあるようですが……せっかく続いてきた伝統行事。
日本各地でどんな祭りが行われるのか、興味津々です。



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : 季節の小話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top