• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2010/12/15(Wed)

クリスマスの木

ご存じの通り、魚偏 に春夏秋冬を組み合わせた漢字があるように、
木偏 にも春夏秋冬を合わせた漢字があります。

椿・榎・楸(ひさぎ)・柊(ひいらぎ)。

柊と言えば、イワシの頭かクリスマスのイメージ
確かに冬の木…
と思っていたら、日本でいう柊と、
クリスマスの飾りに使われる柊は別の種類の木なのだとか。

日本産の柊はモクセイの仲間で、
晩秋に咲く花にはギンモクセイに似て芳香があり、実は黒紫色。
クリスマスの飾りに使われる柊は正式にはセイヨウヒイラギといい、
一部の枝にギザギザした柊に似た葉を茂らせるものの、
赤い実をつけるモチノキ科の木で、Christmas hollyとも。

Holly.jpg
Photo by nannetteturner

クリスマスツリーも日本では樅(モミ)のイメージが強いですが、
モミは日本在来の樹木。
クリスマスツリーの風習が始まったとされるドイツ では、ドイツトウヒが一般的とか。
ヨーロッパで主流だったヨーロッパモミ(ヨーロッパに自生するモミ)が
入手困難になったこともあり、
現在では各地でさまざまな種類のモミやトウヒ、マツなどが使われています。
ただし、モミやトウヒ類はよく似ていて、素人目には見分けがつかないほど。

trees.jpg
Photo by 55thstreet

ちなみにニューヨーク では、
10年ほど前からクリスマスツリーのリサイクルをしています。
ロンドン では、トラファルガー広場の20m近いクリスマスツリーを、
工場で細かく切断して肥料に。
ドイツでは売れ残りや使用済みの木を、
動物園の動物の餌にリサイクルしたそうです

サンフランシスコ
Photo by h3h




itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : 季節の小話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top