• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2013/05/29(Wed)

インドの地で守る、チベット芸術

DSC00252-2_convert_20130530111506.jpg

こちらは、先日開催されたチベットフェスティバルで
スタッフ が挑戦した「マンダラ塗り絵」。
気に入ったマンダラを選び、好きな色で、思うままに塗る。
そうすると、心身の状態が如実に表れるのだとか。真偽のほどはさておき
極彩色でなければマンダラに見えない、という発見がありました……。

なぜ「マンダラ塗り絵」なのか
それは、今回のイベントの目玉のひとつが
チベット僧侶による「砂曼荼羅」の制作だったからです。


チベットフェスティバルが開かれたのは、GW中の大本山 護国寺です。
仁王門をくぐると、そこは「チベットキッチン」。僧院料理のテントゥク(すいとん)や
ハレの日に食べられるモモ(蒸し餃子)、カプセ(揚げ菓子)、バター茶……。
横目に見ながら、まずは桂昌殿へ。「夏の離宮ノルブリンカ」と題して
仏教美術展をはじめ、民族衣装や雑貨、インテリア、書籍の販売が行われています。

●DSC00253-2

●DSC00242-2

●DSC00247-2

「ノルブリンカ」はチベットのラサにあり、ダライ・ラマ法王が夏を過ごす離宮のこと。
法王の亡命先である北インドに開設された「ノルブリンカ・インスティテュート」は、
チベット文化の維持・保存・継承に取り組んでおり、
タンカ(仏画)や彫像制作に携わる芸術家たちのコミュニティーとなっています。

仏教美術展では、そのタンカが数多く展示されていましたが、
何と言っても目を引いたのが、「砂曼荼羅」の制作風景です。

4379994259_bd349e7bb1.jpg
Photo by www.sophistry.fm
※撮影禁止だったので、画像はイメージです

こ、細かい……!
チャクプと呼ばれる金属の筒に着色した砂を入れ、金属の棒でこすりながら
少しずつ砂を落とし、少しずつ描いていきます。
砂は石英質の石をすりつぶしたもので、アクリル系の絵の具で着色。
(もともとはルビーなど、色のある石をすりつぶして使用したそうです!)

チベット仏教では、何らかの発願がされ
その成就を願って行われる儀式の中で、「砂曼荼羅」が作成されます。
今回は世界平和と、東日本大震災の追悼・東北の復興のために制作されました。

実は本堂でも2つが同時に制作されていたのですが、
桂昌殿では観覧台が組み上げられ、僧侶の手許までじっくり見ることができました。
通常、「砂曼荼羅」は完成後に崩され、砂は川に流されます。
この行為は「すべては無常である」という仏教の教えを表しているのだとか。
砂の一粒一粒に仏が宿るとされ、今回は特別に、希望者に配布されたということです。


今年のチベットフェスティバルの来場者は、何と10万人超!
本堂前には、夜に行われるチャム(仮面舞踏)公演の舞台が整っていましたが
6晩にわたって、多くの人が鑑賞されたことでしょう。

「砂曼荼羅」や、チャム公演を行ったチベット僧侶24人は、
タシルンポ寺から招かれました。中央チベットの四大寺のひとつであり、
亡命寺は南インドのカルナタ州に再建されています。

スタッフが護国寺をあとにする間際、「ステージリンカ」では
チベットの歌 と伝統楽器・ダムニェンの披露が始まりました。
新緑の境内に、美しい歌声が響きます。しかしチベットの歌姫・パッサン・ドルマは
インドで生まれ育ち、現在はニューヨーク在住だということです。

●DSC00259-2

「標高4000mのヒマラヤ山麓で花開いたチベット仏教芸術と
心豊かなチベット人の暮らしを体験する」
とは、パンフレットにあった言葉です。
たしかに、チベットのすばらしい芸術と文化にふれることができましたが
同時に、チベットの現状を知らなければ、と強く感じた1日でした。


itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : スタッフの話、裏話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2013/05/17(Fri)

チームJAPONの銅メダル

今回は、GW明けに行われた
「ボキューズ・ドール国際料理コンクール 感謝の集い」の模様をReportします!

先日のブログでもご紹介しましたが、
今年1月29・30日にフランス ・リヨンで開催された
仏料理のオリンピック「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」で、
ホテルブレストンコート総料理長の浜田統之(はまだのりゆき)さんが
世界第3位、銅メダル を受賞。日本人初の快挙でした。

そのコンクール入賞を祝う「感謝の集い」が
ホテルブレストンコートを運営する星野リゾートの主催で行われたのです。
会場は代官山にあるメゾン ポール・ボキューズ。

地下への階段を降り始めると、さっそく、おいしそうな匂いが漂ってきます。
コンクールの映像が流れるバーでグラスを取ってメイン会場へ。
入口付近には、銅メダル、トロフィーとともに
大会で出品された肉料理、魚料理(の見本)が飾られていました。

う、美しい……
今日はこちらの料理もいただけるのだとか。楽しみです。

●DSC00277-2

●DSC00279-2

まずはポール・ボキューズの料理をいただきます。
仕事柄、各所のレセプションに参加していますが、これはおいしい……
先ほどのいい匂いの正体は、白身魚のパイ包みだったようです。


ホテルブレストンコート 総支配人・吉川竜司氏の挨拶に始まり、
浜田シェフのスピーチ、星野リゾート 社長・星野佳路氏からもひとこと。
そして会の後半、星野社長から感謝を込めた記念品の贈呈がありました。

●DSC00296-2

株式会社ひらまつ 代表取締役社長の平松博利(宏之)氏、
辻調グループ 代表の辻芳樹氏、
エス・ビー・エイ株式会社 代表取締役社長のピエール・ボードリ氏、
コーチのロミュアル・ファスネ氏らが次々に壇上へ。
(平松氏は2013年日本ボキューズ・ドール委員会の会長兼審査委員長、
辻氏は運営顧問、ボードリ氏は広報部長です)
さまざまなエピソードが明かされ、感謝と労いの言葉が交わされます。

●DSC00305-2
浜田シェフと平松氏

●DSC00310-2
大会直前に浜田シェフを泣かせた、と
一部で話題になった辻氏

前回と前々回、日本代表としてコンクールに挑戦したシェフらも含めて
関係者がズラリと並び、なるほど、と納得。
さまざまな努力がようやく実を結び、チームでつかんだ銅メダル なのですね。
記念パーティーでなく「感謝の集い」である意味がよく分かりました。

●DSC00330-2

浜田シェフの料理は、自身の言葉どおり「日本ならではのフランス料理」です。
魚料理は、世界中から選ばれた24カ国のシェフのなかで最高得点 を獲得。
ヒラメのフィレには鱗に見立てたシイタケが飾られ、
付け合わせの大根 のピクルスは、シソの風味が爽やかな一品でした。

DSC00291-4.jpg

(大根といえば……こちらのブログ
Japanese radishは大きい根」もご覧ください)


軽井沢にあるホテルブレストンコートのメインダイニングでは、
銅メダル受賞記念「メニュー・ド・ボキューズ・ドール」を用意。
期間は8月31日までですので、お早めにどうぞ


itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

Home | Category : スタッフの話、裏話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2013/05/14(Tue)

トーゴ音楽の王様がやってきた!

4月27日、東京都港区赤坂の区民ホールで
「トーゴの独立記念日を祝って」日本初、
キング・メンサーのコンサートが開催されました。
主催は駐日トーゴ共和国大使館です。

トーゴ共和国は、西アフリカのベニン湾に面した南北に細長い国。
ガーナの東隣ですが、サッカー好き なら
コートジボワールとカメルーンの近く、と言った方がイメージしやすいでしょう。

197036853_d8b2d1fc16トーゴ タベルマハウス
要塞のようなタベルマハウスには
屋根から出入りする。
Photo by Erik Cleves Kristensen

以前、こちらのブログの「アフリカの太鼓」でご紹介した
ブルキナファソと国境を接した南側の国ですから、
「あの太鼓が聞ける」と思い込み、喜び勇んで出かけました。

開演前、ステージにセットされているのは一般的なドラムス。
トーゴ音楽の王様は、アフリカの太鼓とともに登場するのであろう、と楽しみに待ちます

ステージでは、ボジョナ臨時代理大使によるキング・メンサーの経歴紹介が始まる。
「キング・メンサーはシンガーソングライターであり、俳優、物語作家、ダンサーで、
1997年にUNESCOから表彰……」
と受賞歴が延々聞きくたびれるほど続き、
その芸術を要約すれば、トーゴの伝統的なスピリッツや技法を
現代的なスタイルと融合させた歌と踊りで、アフリカ文化を堪能させてくれるという。

印象的な話題は、キング・メンサーは社会事業家 でもあり、
自らの手で20人の孤児を育て、ほかに孤児院や学校を数々設立しているということだ。
―ふと、日本のアーティストの巨額年収が脳裡をかすめました―

キング・メンサーの歌と踊り、魅惑的な演奏が次々と繰り広げられる。
ついにメンサーは、会場内を歌いながら練り歩き、握手握手。
アフリカンも日本人も、ボジョナ臨時代理大使も、
シャカシャカと携帯電話へメンサーの画像を収めるのに忙しい。

●DSC00223-2

●DSC00211-2

待てども、待てども、アフリカの太鼓は登場しません
そのうち、ボジョナ臨時代理大使がステージに上がり、
歌い踊るメンサーのおでこに1000円札を何枚も貼りつける。
メンサーは、これをバンド・メンバーのおでこに貼り回していく。

おお これは日本の大衆演劇の「おひねり」と同じだ、と文化人類学的感動。
やがて、大使館ファミリーの観客へのサービス・ダンスが始まり、
踊り好きなアフリカンならではの楽しい祭りでした。

●DSC00219-2

●DSC00217-2
ボジョナ臨時代理大使のダンスも
なかなかのもの。頭のてっぺんから
足先に至るまでの、徹底した
ファッション・コーディネートに注目!

●DSC00233-2

●DSC00234-2
モザンビーク大使は当日、
赤い蝶ネクタイでした


itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

Home | Category : スタッフの話、裏話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2013/03/26(Tue)

ヨルダン人はお寿司がお好き!

3月26日23時(日本時間)に、サッカー W杯アジア最終予選
日本×ヨルダン戦がヨルダンの首都・アンマンでキックオフ
itn Open!”編集スタッフの身内が、カタールのドーハで行われた
カナダとの親善試合から、気を取り直してアンマンへ向かったとの連絡が入ったので、
ひときわヨルダン戦に熱がシフトしています。
アンマンは標高1000mの高地にありますが、選手のみなさんにはいかがでしょうか。

1322942476_06366f36a2 amman
Amman, Photo by Argenberg

ヨルダン・ハシェミット王国については“itn Open!”No.5に、
駐日大使のインタビューを掲載しています。
大使のお話によれば、アンマンには日本食レストランが急速に増えていて、
ヨルダンの富裕層にとっては、今や
お寿司 や刺身を食べるのはライフスタイルになっているのだそうです。

5-130-131-2.jpg


ヨルダンといえば、ヨルダン川と死海が、古くから語られているところです。
この周辺は、紀元前(BC)8000年紀、つまり旧石器と新石器のあいだ、
中石器時代には農業が営まれていたといいます。
そして、歴史にひときわ光彩を放つのは、
世界遺産のペトラ遺跡として知られるナバテア王国の繁栄 でしょう。
ナバテア王国の最盛期はBC2世紀ごろで、人口は20万人と推測されています。
BC1世紀ごろにシリアのダマスクスからイスラエル南部の砂漠地方に勢力をのばし、
メソポタミアから地中海までの隊商路を掌握して、
シルクロードの要所として繁栄したのだといいます。

5151132427_0a3b85da2d petra
Petra, Photo by Ana Paula Hirama

日本の人々にとって、ヨルダンがぐっと身近に感じられたのは、
映画「アラビアのロレンス」が人気を集めたころではないでしょうか。
1962年作のイギリス映画「アラビアのロレンス」のモデルになった
T・E ロレンスはイギリス人 です。第一次世界大戦後の1919年に、
ヨルダンがイギリスの委任統治領パレスチナに組み入れられ、
1923年にトランスヨルダン王国が成立しますが、
当時イギリス側の代表者だったのがT・E ロレンスです。

史実の客観的な解釈の点で後に物議をかもした作品ですが、
映画としては数々の賞を獲得した大作で、スクリーンも場面のスケールも破格 でした。
湿潤な温帯性気候の中に暮らし、海外旅行など庶民には縁のなかった当時の日本人が、
果てしない不毛の砂漠 で繰り広げられる紛争を目の当たりにしたのは、
大きな衝撃だったにちがいありません。
そして今も、ヨルダン川と死海の西側には平穏な日々は少ないようです。

さてさて、彼の地の最終予選の一戦は、いかに?

6451850837_fb5948d925 dead sea
Dead Sea, Photo by israeltourism



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

Home | Category : スタッフの話、裏話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2013/02/18(Mon)

軽井沢のフランス料理

グルメ雑誌やTVのグルメ番組が氾濫し、おいしいものが押し寄せてくる
芸能人、作家、評論家、タレント、有名人おすすめの料理と店と宿が目白押し。
さすが、それぞれにおいしい。
仕事がら“itn Open!”のスタッフも、ずいぶん身分不相応な口福にあずかった。
とてもうれしく、ありがたいことだ。

味覚というものは、不思議なことに、明確に整理された記憶として残らない。
ただ、これは真の味だな、という表現しにくい感覚として残る。
シェフだったり、板前だったり、
料理人の思いのこもった料理には、どことなく人間くさい香りがただよう。

素材とうつろう季節の微妙な変化、その場の雰囲気が
踊るように、流れるように、ひたひたとすべりこむように、何気なく広がるのがいい。
星野リゾート、軽井沢のホテルブレストンコートの料理は心地よい。
何も押し付けない。奇をてらわない。豪勢な素材を見せつけることもない。
これ見よがしに技術を並べたてない。
いわばあっけらかんとした爽やかさが、軽井沢の陽光 と風と木々のそよぎを感じさせる。
爽やかさの中で、素材(食材)が、その素性のよさをくったくなくのびのびと広げている。
ふと、浜田統之(はまだのりゆき)さんという総料理長とそのスタッフたちの
顔、顔、顔が、素材の味わいと姿に重なってくる。
いい、心地よい、おいしい料理だな、と思う。


浜田統之さんが、この度、フランス料理のオリンピック
「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」で世界第3位
銅メダルを獲得されたそうだ。
くったくのない日本らしさを、存分に発揮されたのだろう。

五大陸での買い物2convert_20130218165705

表彰式convert_20130218165810


itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

Home | Category : スタッフの話、裏話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。