• プロフィール

    プン!

    Author:プン!
    性別:♀
    年齢:ヒ・ミ・ツ
    (まだまだ若いニャ)

    「itn Open!」専属のフレックス・スタッフ。
    「ネコの手も借りたい」ときに出社するニャ。
    出社すると、みんなが「オー!プンちゃんニイハオ」とお出迎え。
    特技:キーボード早打ち(ネコパンチ風)

    Twitterボタン

  • itn Open! 会員登録

    itn Open!はネットワーク会員募集中です。詳細は会員登録フォームへ。
  • カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/09/27(Tue)

“itn Open!”@大学

ご報告が遅れましたが、以下の大学にて
itn Open!”No.6の取り扱いがスタートしています


■旭川医科大学 厚友会書籍部 三省堂書店
Tel:0166-68-2773
所:北海道旭川市緑が丘東2条1-1-1 旭川医科大学内

■神戸大学生協 学生会館店
Tel:078-881-8847
所:兵庫県神戸市灘区六甲台町 神戸大学内

■山口大学生協 中央ショップ
Tel:083-933-0611
所:山口県山口市吉田1677-1 山口大学内


巻頭特集「日本スタイル 国際医療観光」や
「復興へのメッセージ 阪神・淡路大震災から東日本大震災へ」にご登場いただいた
先生方のメッセージが、多くの方々に届きますように


010-011-2.jpg  014-015-2.jpg

054-055-2.jpg  058-059-2.jpg


各大学の学生さんをはじめ、
皆さまが“itn Open!”を手に取ってくださることを
スタッフ一同、心から願っております。



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

スポンサーサイト
Home | Category : itn Open!の情報 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/09/13(Tue)

ダイヤモンド

4177442974_f66eef48a9_m.jpg
Photo by Rowan of Ravara

皆既日食が起きる際、
太陽がすべて隠れる直前や直後に
光が一カ所から漏れ出て輝く瞬間は、
ダイヤモンドリングと呼ばれています。

太陽 は空に浮かぶ幻想的なダイヤモンド……
なんて思っていたら、
宇宙空間には、
地球よりも大きなダイヤモンドでできた星が浮かんでいるのだとか。


地球のダイヤモンドは、マントルの活動によってできたもので、
安定大陸で採掘されています。
世界最古の産地として栄えたのはインド
次にブラジル で採掘が盛んになり、
現在では南アフリカをはじめとするアフリカ各国や
ロシア などが有力な産出国になっています。

156830367_ea6525fc62_m.jpg
Photo by jurvetson

itn Open!”No.7で紹介予定のボツワナは、
現在、金額ベースで世界最大 のダイヤモンド産出国。
このほかタンザニアやナミビアでも産出しています。


itn Open!”はまだまだダイヤの原石。
キラリと輝く本になるよう、がんばって磨いています



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

Home | Category : itn Open!の情報 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2011/09/09(Fri)

あなたの本にも

Open!な栞を作ってみました。

itn Open!”編集部は、ECOスタイルが基本です。
今回も社内にある紙で試作したところ……

             

IMG_4454_convert_20110909183734.jpg

なかなかの出来栄えです。
何日か文庫本に挟んで持ち歩いてみましたが、
なかなかの使い心地です(自画自賛)。


さっそく崇文堂書店さんへ。(お店の詳細はこちら

麻布十番商店街にある崇文堂さんは、
スタッフも会社帰りにふらりと寄れる、いわゆる行きつけのお店。
itn Open!”の販売にあたっても、ご近所のよしみで
さまざまにご協力いただいています。

皆さまも麻布十番にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください
そして“itn Open!”をお買い求めください

Open!な栞もあなたを待っています。



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

Home | Category : itn Open!の情報 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/09/07(Wed)

モザンビーク人が最初です

アフリカ人の来日に関する最初の記述は、
1546年に山川港(現・鹿児島県指宿市)に入港した船に乗っていた
黒人に関するもの。

山川港に半年間滞在したポルトガル人船長ジュルジュ・アルバレス によるもので、
例えば、フランシスコ・ザビエル に宛てた手紙では、
「日本人は黒人特にモザンビークから来たカファヤ人を観ることを悦び」
と書いているとか。
カファヤ人とは、東アフリカに住む人々のこととされています。

その次に記録に姿を見せるのは、
1579年に来日したイエズス会東インド巡検使のヴァリアーノ が連れて来た黒人で、
後に織田信長の部下となり、「弥助」という名前をもらったことで知られています。
一説によると、彼もモザンビーク人だったとか。

また南蛮屏風の中には、ヨーロッパ人に傘をさしかけたり、
荷物を運んだり、黒人らしき人物の姿を描いたものがあります。

ポルトガル人がアフリカ大陸への進出を開始したのは1415年ごろ。
1498年には南端の喜望峰を経て、大陸の東南に位置するモザンビークに到達
奴隷貿易が本格化した1530年代には、
アフリカ各地からポルトガル最大の植民地ブラジル へと、黒人奴隷が多数送られました。

一方、日本 はポルトガル船が取引をした土地のなかでは最北とか。
ポルトガル人が種子島に火縄銃を伝えたのが、1543年。
そのころポルトガルはビルマ、マレーシア、インドネシアなどに拠点を築き、
約10年後にはマカオを獲得しました。

ポルトガル統治時代のモザンビーク島には、
フランシスコ・ザビエルや天正遣欧使節も滞在。

Franciscus_de_Xabier.jpg

1991年に世界遺産に指定されたモザンビーク島には、
ポルトガル東インド会社統治時代の砦や教会などの遺構も残っています。

2735273755_f62b52d8f0_m.jpg

2735189855_de7f18177a_m.jpg
Photo by Stig Nygaard


現在、モザンビークでは経済発展のためのインフラ構築が進み、
ツーリズムへの好影響も期待されています。

itn Open!”No.7では、そんなモザンビークをはじめ、
アフリカ諸国を紹介します



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

Home | Category : itn Open!の情報 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/07/27(Wed)

タンザニアの魅力

itn Open!”No.6の発売、編集部の移転とあわただしいなかでも、
No.7の発行に向けたリサーチや取材は進んでいます。
先日は駐日タンザニア大使館に伺いました。

タンザニアはケニア の北に位置し、
サファリツアーやキリマンジャロ登山などの観光で、多くの人々をひきつけています。

01--2145604489_42f8dc1a48_m.jpg
Photo by Stig Nygaard

02--5696605041_751269bb09_m.jpg
Photo by David Berkowitz

「インフラなどの整備や観光商品の開発を進め、
将来的には周辺国からも観光客を呼び込めるようにしたい。」
と語るサロメ・T・シジャオナ大使(女性の大使です)に、
「周辺国と差別化できるようなタンザニアならではの魅力は?」
と編集人・朝比奈が質問。
すると大使は
「ホスピタリティ です。人が優しい。これはタンザニアが一番。
それになんといってもタンザニアは平和な国です。
独立以来内戦を経験していません。」
と胸を張って答えました。

民俗学者・宮本常一は、
人生初の海外旅行の目的地に東アフリカ(タンザニア、ケニア)を選んだ理由を、
「アフリカのそれも東アフリカに一番心をひかれたのは、
ここには大して大きな戦争のおこなわれたことがなかった、
人間が武力や経済の力によって
他人を支配したりされたりすることが比較的少なかった、
そういう社会での人間と人間との関係、人間と土との関係はどういうものであろうか。
すでに成長しきっている国よりも、
これから国民として成長していく民族の方に心をひかれる。
そこにはまた学ぶべき多くのものがある。」

(『宮本常一、アフリカとアジアを歩く』宮本常一/
「東アフリカをあるく」はこちらでも読めます)と記しています。

そして実際に訪れた感想として、
「この国の人々は実に親切で人なつっこいのである。」
「(前略)他人を征服し、支配する意欲も、
他人の利を奪ってみずからの幸福を得ようとするような人も少ない。
そのことはあるいていてよくわかる。
実に親切であり、疑い深い眼でわれわれをみることはほとんどない。
しかしギブ・アンド・テイクの法則は確立している。
そのことによって犯さず、犯されない世界が確立している。」

(前掲書)とも。

宮本常一がタンザニアを訪れた1975年から35年あまり。
大使の自信あふれるようすから察するに、
今もタンザニアはホスピタリティあふれる国のよう。
itn Open!”No.7のタンザニア紹介ページは、魅力的なものになりそうです

03-3231773197_8b1f95f0b6_m.jpg
Photo by DVIDSHUB



itn Open!」編集・朝比奈のブログ 「tabi tabi on tour/たびたび オン・ツアー」へもどうぞ。
「itn Open!」の開設趣意はこちらです。

クリックお願いニャン猫パンチ


Twitterボタン

Home | Category : itn Open!の情報 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。