• プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2018/06/18(Mon)

【Advanced Class TEXT-65】脳は、Deep-learningがお好き! How to try the Deep-learning in your brain.

ヒトの脳Systemは、それ自体、とても賢い!
愚かなのは、ヒトの認識と意識である?
「それらも、ヒトの脳Systemじゃないか!?」と言われると、
頭をペコンと下げるしかないが、厳密revelでは、大いに異なるのだ。

わかりやすく例えれば、高度なsystemを搭載しているPCやスマホで、
Line上のチクリ合いなどをやっているような状況?
PCやスマホの場合、systemを構築するのは、その道のプロである。
しかし脳の場合は、system設計者も、その運営者もユーザーも、
“同じ個人の脳”であることから、さまざまな問題が生じる。

28722989563_f7aa50b6cb_z.jpg
Photo by Jeanne Menjoulet

例えば、net上に「問題情報(自殺希望者募集とか)」がupされれば、
通常はまず、検閲機関によって削除される。
しかし、自脳内部に同様の情報が上った場合、本来は
脳内の高次機能でjudgeされるはずだが、高次機能に問題があれば、
反社会的な事件をも、実行されてしまう!
ここで重要なことは、ヒトの脳を真似て造られたコンピュータが、
入力情報やその使い方をどんどん学んでいくように、そのお手本になった脳も、
入力情報を積極的に学び、さまざまに処理して、利用の途をさぐっていることだ。

どんどん集積されていく入力情報は、くっついたり離れたりしながら、
分類されたり、情報同士が学習し合いながら、
新たな概念や意識形態が、構築されたりしていく。いわゆるdeep learningだ。
このprocessを促進し、dynamicに展開させていくのが、高度な瞑想技術である。
この技術は、ことさら“瞑想”のなんのと言われることなく、
数学者を筆頭に、脳作業をなりわいにしている人々が、日常的にやっていることだ。
具体的に、方法・技術を紹介しよう。

【Step 4】
Lesson テーマ:「Deep learning」,
呼吸を整え、まず「自己客観化」modeに入る。3~5分。
【Step 3】が習熟できていれば、「自己客観化」modeの「Random access & diversity」
から、「Deep learning」へ入って行く。★A3ほどの紙と、鉛筆を用意する。

「Random access & diversity」のprocessで、脳内の情報たちはかなりバラバラに、
脈絡なく、自由に、動き回っている(動き回れる状態にある)。
ここで、projectと同様の方法で、情報の「群」ができるように指示する。
★「群」に関する属性や分類指令などはシナイ。脳の自由な働きに委ねるのがPoint。

◆上記processで、「なんてオマエは素晴らしい、オモロイ奴なんだ!」と、
瞑想中の脳の働きに感動する。驚くべき組合せを見せてくれるのだ。
瞑想後に忘れてしまうので、ちょいと、メモしておくのがオススメ。
(瞑想は忙しいのだ! ただぶっ座っているのが、いかにインチキか!?)

★ここで、日ごろのベンキョウの「質」が問題になる。
前にも述べた「ない袖は振れない」わけで、ロクナ情報が入っていなければツマラナイ。
しかし、さまざまな高品位情報を(わからないながらに)しっかり
頭に詰め込んでいれば、それらがクッツキ、離れ、組み替えられ……、
「そうか! そういうことか!」というように、目からウロコの納得! となるのだ。

脳は、本来、実にオリコウにできている。
そう思えないヒトは、日ごろの姿勢が良くないのだ?
日ごろから、上等なネタを豊富に仕込んでおかなければ、
脳クンは「Random accessしたくても、access先がない!」。

ここで挿入:高品位情報とは、高度な洗練された脳作業によって処理された
情報のことだが、そもそも処理する前、ネタの段階から吟味された情報である。
情報の品位は、つねに高品位情報を扱っていないと、身に付かないような
感覚・知性によって認識できる。だから日ごろから、
できるだけ高品位情報に接していることが肝要だ。

脳クンは、声(言葉)こそ出さないが「ああでもない、こうでもない」と
頑張っている? いえ、ダメ脳は頑張らない、さっさとヤメータである。
頑張る脳にするのは、最初はあなたの意識。しかし、
このQuestの魅力を知った脳クンは、ヤッターッ!と、どんどん先へ進む。

そして、この先がすごい!
記憶庫海馬の奥底なんかに眠っている情報を、引っ掻き回し、
どんどんくっつけては放り出し、ひっつけてはこね回し……といった具合。
脳クンの作業中、「私」の意識は、ノホホンと見物。やがて、
「これはナンダ!」と、「直感」がひらめく。直感に集中しよう!
Imaginationがクリアになり、ピントがスキッと合うように、
targetの意味が読めてくる。これこそ、瞑想の醍醐味だ!
後は、歓喜の中で呆然自失である。

Hippocampus_and_seahorse_cropped.jpg
Hippocampus, seahorse


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2018/06/15(Fri)

【Advanced Class TEXT-64】実践しよう! Random access & diversity

前回も過剰残業の話をしたが、脳を効率よく使うと、
「時間は余る」。余った時間を有効に使うと、残業代より有益だろう。
“効率のいい脳の使い方”には、まず、そのように脳を働かせる訓練が要る。
その訓練、「Random access & diversity」を紹介しよう。

まず、「自己客観化」「W客観化」のlessonはOKだろうか?
このlevelがクリアされてないと、脳内に混乱が起こりかねない、なにしろ、
さまざまな領域にRandom access していくのだから。

【Step 3】
Lesson テーマ:「Random access」,
呼吸を整え、まず「自己客観化」modeに入る。5~6分。
流れる想念を軽く見送りながら、想念のrevelチェックを行う。
想念に粘り()がある場合は、中断。一度、目を開き、呼吸を整え、再スタート。
 想念の粘り:感情的な記憶やたびたび意識に上ってくる、画像や雰囲気など。

★「Oh! 来た!入った!」という感覚。意識が澄み、流れの速度が一定で、心地よい。
このmodeに入ったら、澄んだ意識の流れの中に、「ある意味内容」(*1)を投射する。
いわゆる「project」の方法だ。

*1「ある意味内容」とは:この時点では“解決したい問題の答え”といった、決定項を
求めるのではなく、注文を取るような感じで「こんな感じのコトは?」と投射する。
すると意識は、流れの中に、貯蔵されている記憶を挿入し始める。傍観していると、
あれか、コレか、といろいろな種類の情報が流れ込んでくる。そこで、「こんな感じ」を、
繰り返す。すると、流れ込む情報の意味内容が、提示されたconceptに収斂されてくる。
そして、うまくいくと「hit!」となる。

★数分後(瞑想中は時間感覚がなくなるので、「もう、いいだろう」と思った時)、
「ある目的」(*2)を投射し、「Random access」に突入。
方法は、想念・意識を流れに任せるのでなく、意識的にcut offし、散らかしながら、
前段階の「hit!」情報を挿入していく。
●散らかす過程で、挿入された「hit!」情報に対してさまざまな結びつきができる。
この間、「ある目的」(*2)を指示すると、結びつきに偏向性が生まれる。

*2「ある目的」とは:意識内にある解決したい問題や、「hit!」情報の拡張や展開など。

◆ほぼ20分で、瞑想終了。深く、長い呼吸を数回、静かに目を開け、ゆっくりと
手足を伸ばし、全身を揺するように動かす。
★瞑想時間は、目安としては全体で20分が一般的。

★★この後、
記録:瞑想終了後に、簡単なmemoを残す。
「ある意味内容」(*1), 「ある目的」(*2)のタイトルなど。
★意識の流れは、脳作業の勝手・都合なので、記録した内容の「意味性」はないに等しい。
★この作業でpointとなるのは、「指示」に対しての「反応形態」を見ることだ。

5981594872_83aab71381_z.jpg
Photo by Thomas Leth-Olsen


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2018/06/13(Wed)

【Advanced Class TEXT-63】何のために瞑想をするのか?―3 Random access & diversity,

「自己客観化」→「W客観化」の訓練法を紹介してきました。
それらは、今回・次回のlessonテーマ「Random access & diversity,」の、
いわば下準備なのです。
日ごろ、しばしばmedia NEWSに上る「ウツ」問題。
その問題の、“根源的・核”の正体について、考えたことがありますか?
「驚くばかりの残業時間」が取沙汰されていますが、
なぜ? そんなに多くの残業をしているのか? しなければならないのか?
について論じている記事はなく、ただ単に「労働法問題」へ飛んでしまっている!
呆れた話である。

結論から先に言えば、社会・経済が要求している仕事内容に対応できる
“能力のstyleがない、欠けている、充分でない”というところにあるのでは?
この事実は、小学校・中学校・高校・専門学校や大学と、
長期にわたって受けてきた教育が、現代社会の、ある程度以上の規模の、
経済活動に耐えるだけの能力の下地を作ってこなかった、ということでは?

これは、航空機で運ばなければならない貨物を、自動車で運んでいるにも等しい?
21世紀になって、もうすぐ20年。Man, Money & 不動産の資本主義は、
すでにCognitive Capitalism(認知資本主義)へと急速に移行している!?
モノではなく情報が価値を産み出し、価値を持つ、経済systemである。
この認知資本主義の特徴が、驚くべきSpeedと、複雑性にあることは、
よく知られているところ。
この経済systemは、アダム・スミスやカール・マルクス時代に提唱された
「労働価値説」とは、本質的に異なる。
単純に極論すれば、“労働する時間”ではなく、“労働が生み出す価値”

6866551242_76d52ac80b_z_20180613115236660.jpg
Photo by kaoruokumura

ここに、3つの問題がある。
いわゆる「労・使双方」と「労働法」、そして「労働の形態と質」である。
認知資本主義においては、従来のFordism(大量生産方式)と
「労働の形態と質」がまるで違う。労働量を時間で測る時代は終わっているのだ!
Fordismは、ヒトが生産設備・機械の一部であって、
労働量は機械同様に、時間で測られる。
機械は、その構造・system 設備などを変えなければ、生産性は変わらない。
ヒト能力主導の認知資本主義時代はどうか?
労働は所定modeに設定されているわけではなく、従事者が、
仕事の量と流れを予測し、処理modeを設定する。
Planも遂行も、当事者自身である!

この現実下で、常識外の残業が発生するのは、
当事者の生産管理能力が、適性を欠いている、ということでは?
前回に述べた「自己客観化」能力や「自己制御」能力の問題が無視されるのだろう?
まず、客観的・数値的に無理である、という事実を導き出したら、
上位管理者に上申すべきだ。説得力のある、妥当性のあるDATAを
提示せずに苦情を述べ、結局、「頑張ります」と空手形を切るのでは?
途方もない残業というのは、雇用者&被雇用者、双方の責任ではないだろうか?

セクハラ問題、パワハラ問題、過剰残業問題には共通する下地がある。
極論で締めくくれば、「己、自己なく、流れるように生きているのではないか?」
1個のヒトとして、決然と、筋を通して自己を守るべきである。
その気概には、ヤワな理不尽をフツウに生きているヒトは、挫けるはずだ。
「決然と生きる」、これが瞑想の本義であり、それを支えるのは自己、
脳の「Random access & diversity,」の力だ。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2018/06/11(Mon)

【Advanced Class TEXT-62】何のために瞑想をするのか?―2 Brain scienceと「気」の関係

前回【Step 1】で、自己客観化の訓練について述べた。
そして今回からは、「W客観化」の訓練である。
上記タイトルに、「気」という中国由来の古典的な概念を掲げたが、
日本社会に古くから根付いている、「気が合う」「元気がない」「気合を入れる」
「気脈が通じる」「気のせい」……などという、曖昧な、感覚的なモンダイを、
まず、すっきりさせておこう!
“曖昧な感覚”を、そのまま講釈するのが、禅などの東洋思想だ。
それ、「気」の実態に可能な限り徹底的に迫らないで、「気」がわかるのだろうか?

「問答無用」などと言うヒトは、果たしてvibrationだけで伝達できるのだろうか?
伝達可能なvibrationを発振できるなら、それを言語に変換することは、
さして困難なことではない、はずである!
朝比奈の姿勢は、可能なかぎり神経細胞NEURONをはじめとする、
Brain science の最新知見を取り込んで、意識とは? 認識とは? そして、
「気」とは? というふうに、「脳の働き方」という側面から追究していきたい。
そうした過程で、東洋思想で重要視されている「気」とは何か? と。

東洋思想に言う「気」とは、エネルギーのことである!
だから、「エイ、ヤーッ」とか「喝!」などとやるより、
体験者の脳が発振している振動数・波形に同期させ、徐々に
波形を整えながら、振動数を上げていくことの方が、脳は喜ぶし、瞑想は深まる。
この宇宙全体を満たしているエネルギーは、すべて振動しているのだ!
言うならば、神経細胞NEURONはそのアンテナのようなものであり、受発信を行う。
電波望遠鏡と同類、電磁波を受発信しているのだ。
そして、朝比奈の言う瞑想とは、
この自前の神経装置を自在に使いこなしていくための、トレーニングである。

14534924554_08f3ee7883_z.jpg
Photo by Ben Wightman

【Step 2】
Lessonテーマは、「W客観化」である。
すでに【TEXT-61】で簡単に、自己客観化の訓練について述べた。
今回の「W客観化」は、自己客観化を行いながら、相手・周囲を客観するのである。
「なーんだ、当たり前のコトじゃないか!」と思われそうだが、実は、とても難しい。
なぜか? あなたは、“相手・周囲を客観”しているはずの時に、
あなたの視点、あなたの思考の枠組みで、見ていないだろうか?

望遠鏡や顕微鏡は、ピントを合わせられた焦点圏内の状態を映しだす。
ピントを合わせるのはヒトである。そして人工知能搭載の機器でなければ、
対象の様子を選択的に映し出すことはない。ヒトの場合は、
過去から、すでに偏向性をもって集積された膨大な情報の重みに傾斜した
認識と判断が加わって、新たな情報を受容し、判断する。だから、
客観化といっても、大いなる主観に動かされている可能性が高い。

だから「W客観化」は、まず、新たな情報を客観的に眺める前に、
自己自身のレンズを客観的にセットしなければならない。
そう、望遠鏡や顕微鏡の種類を選び、その解像度のピンをピークにもっていくのだ!
つねに、思考・表現の厳密性・一般化を問われている職業人を除けば、
これは、なかなか難しい訓練かも知れない。しかし、
この「W客観化」という能力は、現代のような情報時代には欠かせないし、
この傾向はますます加速していく。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2018/06/07(Thu)

【Advanced Class TEXT-61】何のために、瞑想をするのか? ―1

ここで、何のために瞑想をするのか? という基本的なことを
改めて、考えてみよう。
このTEXTで、当初から何度も述べてきたが、
まず、「心を落ち着ける」というような、
いわば深呼吸をすれば解決してしまうような、「古典的瞑想法」は論外である、
ということを再認識しておこう。

今日、世界各国のbrain science は、fMRIなどの機能的分野を探索できる
機器類を手にして、長足の進歩を遂げている。このblogでは、
そうした知見を覗き見しながら、脳機能の現場? を理解しつつ、
「瞑想」に関する理解を深めていきたい。結論を先に言えば、
瞑想という技術を通して、「脳力と能力」を開発しよう! というものだ。

企業内などで、“ウツ”が増えている。さまざまなsupport体制ができて、
かつての「ウツ・セレブ」などは消えてしまった。それだけに、
別のマイナス面、過労死などが浮上してきている。根本は同じだろう。
つまり、学校・社会・家庭教育を通してできあがった個人の脳力・能力が、
ビジネス社会では、不適応を起こすようなスタイルの脳力・能力なのでは? と、
いうことである。
端的な例を上げれば、時代の要求する複雑性やスピードに対応できない、
耐えられない、
ということではないか?
単純に極論すれば、前時代的な能力スタイルでは乗り切れないような、
business 分野が加速的に拡大し、いわば仕事styleに脳力・能力がついていけない、
という状況なのでは? そしてこれが、
驚くほどの「残業時間」→「ウツ」「過労死」へと推移
していくのではなかろうか?

過度な残業をしなければならない場合、自他ともに、客観的視点で、
Paradigm shiftの必要がある! と思う。これが現実的に難しいのは、
労・使ともに昔ながらの「精勤」という概念に縛られているためではないのか?
つまり、「情報量」「情報の性質」「処理方法と技術」こうした組合せを、
論理的に考えることなく“頑張ります! 努力します!”といった取り組み方を、
管理者も実務者も無自覚に行っているのではないだろうか?

ここで、advanced classの瞑想法を加味した場合を、考えてみよう。
*以下、「advanced class瞑想法」=ACMと略。

【Step 1】仕事Xを、実行するヒトの場合。
指示された仕事の、全体像を把握する。
▲能力の低い上司のケースでは、指示内容以外の事を尋ねると嫌がる場合、
また効率化を図ることを抑制する(自身が知っている従来通りの方法にこだわる)
場合があるので注意。日ごろからの★negotiation能力がものをいう。

★negotiation能力の基礎=相手を多面的に観察し、日常的にDATA化。
ACMを使う場合

①targetとの数日間のcommunication状況を回想する
②受け答えのpattern、その偏向性をcheckする

◆これ(上記)こそ、ACMの基本・基礎である!
②を行う場合に、自己客観化の訓練を合わせて行う。
具体的には、日常業務のtasksを図式化(脳内イメージ)し、
相手と自身をともに客観視しながら、図式化したtasksに両者を当てはめ、
次に、位置(役柄)を倒置して(自身を、相手が自己客観化した状態に置く。
★相手の問題点が、(自己を排除した)客観的な視点で捉えられる。
これは、かなり高度な手法(W客観化)である。

次回へつづく。

5735364181_f2ab585bb0_z.jpg
Photo by JoeInSouthernCA


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top