FC2ブログ
  • プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2018/12/03(Mon)

コレ、コロンブスの卵? 瞑想は多彩だ!

これも、瞑想のご利益かも知れないが、トンデモナイことを悟った!
瞑想、禅も含めてのことだが、「無念無想」とか「只管打坐」だとか。
これらは、とんでもないレトリック(巧言)である!?
自動車の運転にたとえてみよう。
「ただ、運転席に座り、ハンドルに手をかけ、
何も指示せず、何も考えないこと」である!!


自動運転車両でも、ignition 指示をしなければ、スタートしない。
勝手に動き出したら、想定外の事故が起こるだろう。
「脳」も、同様である。「無念無想」とか「只管打坐」で、「脳クン」はどうするの?
意識機能を低下させることで、「脳」をsleep modeにするの?
確かに、ロクデモナイ想念にグタグタ振り回されているより、脳クンは休まるだろう。
しかし、それら想念が「ロクデモナイ」かどうか、をどのように知るの?
どんな「時」と「場合」に、「脳クン」はわくわくと喜ぶの?

ここまで来て、トンデモナイコト(事実)がヒラメイタ! それ、
「無念無想」」とか「只管打坐」は、「脳クン」のとてつもない能力の全否定である! と。
なぜ? 「脳クン」の能力の全否定をおすすめするの?
それは、レオナルド・ダ・ヴィンチやコペルニクスの出現を、未然に防ぐ企みでは?
何も思わず、疑問を感じず、疑わない……、これほど
為政者にとって便利な、納税者の「脳」はない!?
これは、「脳の去勢」ではないか?!

Leonardo_da_Vinci.jpg

思い・想い・考えをめぐらすことは、誰にも侵されるべきではない、はずだ。
抑留された人々が、こうした「脳の行為」にどれほど支えられ、夢や希望を紡いで
生き延びてきたことだろう!
「無念無想」や「只管打坐」を称揚する人々に、ふと、「脳自身」「心自態」の
本音に耳を傾けて欲しい、そう思う。

時に、「邪念を払う」という言葉を耳にすることがある。
「邪念」とは? 自身から浮かび上がってきた想念において、
「正・邪」とは? 心は賢い! 韜晦の名人だ。
その韜晦を見つめるうちに、本心がちらりチラリと顔を見せる。
その顔を、楽しく「見つめ」ていくうちに、さまざまな綾がほどけていく。

「脳クン」は賢く、頼りになるヤツだ。
「無念無想」どころか、博覧会を楽しむ方がいい。そのうち、
「もうダシモノがなくなっちゃったヨ」と。
「そうかぁ、だいぶ棚卸し、蔵出し、虫干し、廃棄物処分をしちゃったんだね」
「軽くなったかなぁ?」
「置き場所、しまい場所が変って便利になっただけだよ」
「ふーん。あっ! あった、あった! ほら、コレとくっついて、いいなぁ、ステキだ!」

こんな、ステキな瞑想をしてみませんか?
理論物理学者や数学者たちは、「お道具(数式・記号)」をあっち、こっちと、
自由に遊ばせて、すばらしい仕事をしています。
これが、彼らの「瞑想」timeなのです。時には散歩しながら。
「禅」の「経行(きんひん)」は、歩く動作を一つずつ覚知するのですが、
前記の学者たちは、散歩しながら数式について話しながら、ヒラメキを呼び出すのです。
運動を伴わない「只管打坐」より、無意識に歩きまわりながらの瞑想の方が効く!
★交通事情や穴ぼこなどに厳重注意!★

「無念無想」より、「脳クン」がワクワクする集中と拡散をリズミカルに行いながら、
ポーンとエサ(命題など)を放り込んであげるのもいい。
★★★情報環境・論理構造がどんどん進化している今日だから、
「脳クン」の気晴らしや楽しみ、もちろんトレーニングにも、進化が必要です!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top