FC2ブログ
  • プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2018/08/20(Mon)

【Advanced Class TEXT-83】“インスタ映え”&“露出狂時代”――流動し、噴出する危うい自己

レストランでテーブルに料理が並ぶと、若者たちは無論、初老婦人たちがまでもが、
スマホでシャカシャカやりながら、若い娘のようにはしゃいでいる。
近年、レストランの方も心得たようで、
料理の設えもインスタ映えするように飾っている。
万事“見栄え”の問題で、味は2の次である。しかしこうして、
客がタダでPRしてくれるのだから、無下にはできないどころか、歓迎である。
これなどは微笑ましいコトだが、Facebookあたりになると、どうだろう?

だいぶ前の話だが、朝比奈の事務所のスタッフであった女性が、
自身の子供の画像をupしたことがある。一般によくあることだが、
「子供自身はまだ、肖像権の行使ができないし、犯罪を誘発する原因になり得る
情報では?」と。彼女は気付いたらしく、画像を下ろしたようだった。

4660968707_536d89a5d6_z.jpg
Photo by CharlesLam

近年は、契約時などさまざまな場面で、
「個人情報保護」に関する文面の確認が行われている。その一方で、
net上には、自身が発信する“危うい画像情報”があふれている。
まるで「露出狂時代」である! この底流には、何が、在るのだろうか?

周囲の状況で流動し、揺すぶられっ放しの“危うい自己”が、
行き場を失い、自己のアイデンティも失って、ただひたすら沈没を恐れ、
不特定多数の眼を求め、それに縋ろうとしているのではなかろうか?
「自己」「存在」の「証明・認証」を求める行為ではないか?
なぜ、だろう?
自己が、自身の中で流動し行き場を失って、噴出するしかないような危うい状況。
何故か? Media, Computer techの凄まじいばかりの発達、潤沢な消費生活……
意識と認識はつねに外部を捉え、数限りない情報の照合に追われている。
つねに外部環境に翻弄され、「自己」が「自身の中心に安住していない」状況だ。
他人の視線や対応などで、恐る恐る自己を同定するしかない、状況。
一方、こんな侘しい自己に不満を募らせる自己の示威行動が、
危うい自己の自己顕示の噴出! これがcomputer techに乗って、
凄まじい勢いで全地球表面へと拡散していく。
「自己」の末路はどうなるのだろう?

さあ、瞑想しよう! そして地球・宇宙にしっかりGripした
「本来の自己」をしっかりと捉えよう!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top