FC2ブログ
  • プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2019/04/17(Wed)

randomな“直感”をtimelyに働かせる法-2

直感というのは、必要な時にtimelyに働かせるのは、なかなか難しい。
つまり「すわ一大事!」とか「なんか、変な予感がする」というような時に、
バットマンのように颯爽と登場してもらうには、それ相応の訓練がいる。

前回、直感が「論理性無視」であることを述べたが、それだけに、
その発現を論理的に導き出す、つまり法則性を導き出すのは難しいのだ! が、
脳の情報処理systemは、実に論理的にできているので、
この2者(論理VS非論理)の、働き方を追求していけば、いい?
ということで、実行!

Point 1: バットマンは、どのような時に颯爽と現れるのか!?
   ●「すわ一大事!」これは、放っておけない!という時である。
   では、具体的に、脳内はどのような状況にあるのだろうか?
   A:緊急事態だから、結論を急ごう!
   B:緊急事態だから、解決方法論が不明なので、複数approachを実行!

Point 2: こんな時にバットマンは?
   ●意表を突く、発想の転換を行うのだ!
   つまり、通常論理を各パーツに分解し、それぞれに似たような別口と、意外な転換を、
   少なくとも3つずつ用意する。そして、3×3=9通りの組み合わせを、
   数学的? 機械的? に作り、shuffleする。
   こんな時は、時間的な余裕がないのだから、最もバカゲタ・アリエナイ組合せを、
   優先的に選んでいく。これこそ、シャーマン的解決法、常識・先入観からの解放だ!

上記が、論理性無視の秘訣である。
物事、ある問題をbreak through しなければならない時というのは、
従来の考え方や方法では行き詰まりなのだから、発想転換をしなければならない。
この行為を、マトモな頭(従来の思考回路でそう思っている!)で行っても、
break through できるワケがない! Dynamic なshuffleが必要なのだ! が、
ここに、ひとつの“技”がある!
これは、次回のお楽しみに!

16429732175_2ec22c022d_z.jpg
Photo by ahhhnice


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top