FC2ブログ
  • プロフィール

    Touko Asahina/朝比奈桐子

    Author:Touko Asahina/朝比奈桐子
    A lifelong seeker of YOGA philosophy,
    The ultimate system-builder of
    the meditation and HATHA YOGA,
    40 years experiences in teaching.
    YOGA哲学の探求者であり、
    瞑想とHATHA YOGAで構成される
    システムYOGAの開発者。
    指導歴40年。

    Twitterボタン

  • カウンター

  • FC2ブログランキング

  • QRコード

    QRコード

2019/02/14(Thu)

意識と知識は、相互依存関係にある-3

ふと、深いため息が出てしまった! どうして? こうも、
「瞑想の実態」を知らないヒトばかりが、呆れるばかりの瞑想法を売り物にし、
多くの人々が高額の指導料を支払って、そのlessonに励むのであろうか?
少なからざる年月の間、その命題に取り組んできた朝比奈である。

瞑想屋の実態を探ってみると、トドの詰まりは、かつてあった歴史的醜悪事件、
オウム真理教のソレと、本質的には変わらない。
つまり、mind control 手法である! そして被害者は、mind controlされているから、
それを被害とも思えないし、社会に公表しようともしない。デキナイのである。
その闇の、あまりの深さ、広さ、お手軽さに、絶句するばかりだ!
そして、「ヒトは、これほどにも甘い言葉でチヤホヤされたいのか?!」と、呆然。
はっきり言ってしまえば、「救いようがない」。つまり、mind control段階に突入で、
この「controlを解くカギ」が作動しないように入力されて、しまっているのだ!
ああ、無情! だから、論理的にはある程度納得できるような内容でも、
意識の深層で、ガン!と、拒絶されてしまう。
そのアンヴィヴァレンスなシーソーGameが、痛々しいばかり。
そしてこちら側は、拱手傍観するしかない立場に追いやられてしまう。

1380483002_64ef7ed823_z.jpg
Photo by Taki Steve

8384110298_da510e0347_z.jpg
Photo by A Health Blog

「controlのカギ」とは、どのようなカギなのであろうか?
法外な金銭である! 金銭は、何段階にも要求され、まるで、
犬が投げられたボールをくわえて戻ったら、ご褒美がもらえるような仕組みだ!
ご褒美はimage概念、つまり架空(その組織内でしか通用しない)のTITLEである。
オウム真理教の○○省○○大臣のようなものなのだ。が、まさかこんなバカゲタことは
一般には通用しないから、「あなたの今の瞑想段階はコノくらいで、
あと数十時間やれば、次の素晴らしい高い段階へ行ける。
この瞑想訓練数十時間のlesson料金は▲十万円だ」ということになる。
ただ、座らせておくだけ、titleを与え、料金が入るという仕掛けだ。
「mind control !」こんなイイ? オイシイ商売はない!

ガーン! が、これは、決して笑えないseriousな事実なのだ!
それほど、titleを求め、それに幻惑される人々がいるということ。
自分自身のidentityを、「誰か・どこか」に証明してもらえないと、
生きて行けない人々なのである。
自分自身のidentityを、なぜ?「誰か・どこか」に証明してもらう必要があるのだろう?

数日間ずっと考え続けて、奇妙な結論に達した。
「自己同一性(identity)のズレ」である! と!
近年は、といっても1990年代後半ごろからだが、
やたらキラビヤカな履歴が喧伝され、美貌などが高度商品化されるようになった。
そこで、「identity」がゆらぐ人々が、少なくない状況を迎えているようだ。
その「ゆらぎ」が一方では「ウツ」の増加であり、もう一方が「identity inflation」。
Fashionや美容整形から、一歩進んで華麗なる履歴書である。

以前、朝比奈の会社に応募してきた女性の、資格マニアぶりには驚いた!
取得資格が20種以上! こうなると、十把一絡げで考査に値しない! その、
「identity」の危うさと、空疎な自己顕示欲ばかりが目立つのだから。
そして、自己顕示をすればするほど、自己のボロが噴出してくる、のだが、
ご本人は気付かない。そして、「考査」に漏れれば、
「まだ、資格が足りなかったのか!」ということで、NEXT資格にchallenge!

自己啓発は素晴らしいことだ。しかし……? と、
何の資格も持たないで、ケッコー楽しく生きている朝比奈は、
寝っころがって、ウキウキしながら『偶然性と運命』(木田元著/岩波新書)を、
また、引っ張り出して読んでいるのである。
そう、“年月を経た、ゆるぎない、世界revelの正統派知識”を血肉化することで、
怪しい甘言にグラつくことのない、
しっかりとした自己が形成されるのではないだろうか、と思う。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top